封筒を開けるといきなり目に飛び込んで来る『中間配当見送りのお詫び』。パチンコ系の[6249]ゲームカード・ジョイコHDから中間報告書をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

封筒を開けるといきなり目に飛び込んで来る『中間配当見送りのお詫び』。パチンコ系の[6249]ゲームカード・ジョイコHDから中間報告書をいただきました。

今回は、配当金生活のポートフォリオの『国内株式クラス』の保有銘柄のうち、最近の業績がビックリするほど絶不調で、長らく続いていた1株=60円の年間配当もついに昨年度に終了となってしまった[6249]ゲームカード・ジョイコHDをご紹介することにしたいと思います。なお、後述する株主優待の方は引き続き継続となっています。


スポンサーリンク

最新情報 [6249]ゲームカード・ジョイコHD 業績急浮上です

2017年2月2日に[6249]ゲームカード・ジョイコHDの2017年3月期業績予想が上方修正されました。売上高は前回の予想よりも8%程度のダウンとなってしまったのですが、赤字での商品販売の中止や開発費の見直しなどの経費カットなどの結果、営業利益予想は1.7億円→20億円、1株あたり純利益は▲4円から70円へと大躍進しています。

下記の記事を12月に書いた時に、そろそろ業績が下げ止まりなので買い増ししてもいいかも・・なんて思っていましたが、今日以降はしばらく買うチャンスはやってこないのかもしれませんね。売上高の逓減傾向は相変わらずですが、赤字予想から黒字予想への転換は大きいと思いますしね。

[6249]ゲームカード・ジョイコHD 中間配当見送りのお詫び

ゲームカード・ジョイコHD 中間配当見送りのお詫び

社は、以前は中間配当30円・期末配当30円というのが定番の配当方法だったのですが、今中間期については配当見送りということになってしまいました。

[6249]ゲームカード・ジョイコHD 第6期中間報告書

ゲームカード・ジョイコHD 第6期中間報告書

さて、[6249]ゲームカード・ジョイコHDという会社名を見ると『カードゲームの会社!?』とお思いになってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、この『カード』というのは、パチンコなどに使われるプリペイドカードのことを指しています。最近のパチンコ・パチスロ市場は結構な苦境のようでありまして、関連の企業も苦戦という所が少なくないようですね。

[6249]ゲームカード・ジョイコHD ビックリするほど不調ですが・・?

ゲームカード・ジョイコHD ビックリするほど不調ですが・・?

[6249]ゲームカード・ジョイコHDの業績をみてみると、今期の売上高予想はついに5年前の半分になってしまいました。昨年はついに赤字に陥ってしまいまして、今期はそれよりは良い業績となる予定ですが、それでも年間で見ると経常黒字ではあるものの純利益ベースでは最終赤字を見込んでいるようです。

そう思うと、記事の最初で述べたような1株=30円への減配も致し方ないことなのかもしれません。減配を見込んで既に保有株数は100株に絞っていましたので、これからは下記でご紹介する優待が廃止されない限りは、優待目当てでまったりと保有し続けることにしたいと思います。今期の業績が予想通り、前期よりマシな数字で着地するのであれば、より安心して保有できそうですね。

[6249]ゲームカード・ジョイコHDの株主優待(3月/年1回)

選べるカタログギフト
■ 2,000円相当:100株以上
■ 3,000円相当:500株以上
1年以上長期保有による優遇制度あり。3年以上の保有で最大5,000円相当になります。

ゲームカードジョイコHD[6249]の主要指標(2017年2月3日現在)

■ PER:17.43倍(予想)
■ PBR:0.45倍(実績)
■ ROE:-5.3%(実績)
■ 配当利回り:2.45%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:112.1→63.2→20.5→-148.5→70.1(2017/03予想)
■ 直近5期の配当推移:60→60→60→60→30(2017/03予想)

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.