世界最大のたばこメーカーなのに、まさかの『タバコ撤退方針』の報道!? 高配当たばこ株の[PM]フィリップ・モリスから四半期配当金です。 - 高配当株で配当金生活

世界最大のたばこメーカーなのに、まさかの『タバコ撤退方針』の報道!? 高配当たばこ株の[PM]フィリップ・モリスから四半期配当金です。

「マールボロ」ブランドで知られるたばこ世界首位の米フィリップ・モリス・インターナショナル(PM.N)は30日、たばこ販売をいずれやめる可能性があるとの見通しを示した。(ロイター通信 11月30日配信のニュースより)

今回は、世界的なたばこメーカーの1つで、国内でも知名度の高い会社の1つではないかと思われる[PM]フィリップ・モリスから四半期配当金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。まず、今回は上記の衝撃のニュースからご紹介することにしたいと思います。

たばこ販売をメインとする会社がたばこの販売をいずれやめるというのは衝撃のニュースではないかと思うんですよね。これからも同社はどうなっちゃうの?とお思いの方もいらっしゃると思うのですが、このニュースには続きがありまして、実は同社は電子タバコの『IQOS』を今後の事業の中心に据えて行きたいんだそうです。

最近は国内でも見かける機会がちょくちょく増えて来た電子タバコの『アイコス』。このブログの読者の方の中にも、実際に使っているという方がいらっしゃるのではないかと思います。たばこ未経験の私としては、普通のタバコとの違いがよく分からないのですが、たばこを吸う友達が『これは画期的な商品』だと言っていましたし、そもそも売っている業者が『普通のたばこを止めたい』というくらいなのですから、将来は明るい商品なのでしょう。これからも同社には期待したいと思います。

[PM]フィリップ・モリス・インターナショナルから配当金をいただきました。

フィリップモリス 配当金

さて、今回は[PM]フィリップ・モリス・インターナショナルから1株あたり1.04$の配当金をいただきました。保有口数は59株でありまして、法人での源泉徴収税を差し引きした後の米ドル建てでの手取りは51.90$でした。日本円換算すると5,917円を受け取った事になります。なお、[PM]フィリップ・モリス・インターナショナルの2016年12月7日現在の過去1年間の配当利回りは4.7%程度となっています。

[PM]フィリップ・モリスの主要指標(2016年12月7日現在)

■ PER:21.1倍
■ PBR:----倍
■ ROE:----%(参考:ROAは約20%)
■ 配当利回り:4.72%
■ 直近5期のEPS推移:4.85→5.17→5.26→4.76→4.42(2015/12実績)
■ 直近5期の配当推移:2.82→3.24→3.58→3.88→4.08(2015/12実績)

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.