米国投資適格社債にまとめて低コストで投資する商品です。[VCIT]バンガード・米国中期社債ETFと[VCSH]バンガード・米国短期社債ETFから分配金。 - 高配当株で配当金生活

米国投資適格社債にまとめて低コストで投資する商品です。[VCIT]バンガード・米国中期社債ETFと[VCSH]バンガード・米国短期社債ETFから分配金。

VCSH チャート
※ 上記の株価チャートはグーグルファイナンスから引用

[VCSH]バンガード・米国短期社債ETF 過去1年間のチャート:今回は、アメリカの投資適格社債にまとめて投資するETFである[VCIT]バンガード・米国中期社債ETFと[VCSH]バンガード・米国短期社債ETFから分配金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

最近は、トランプ相場の影響で米国の債券の利回りが全体的に上がっていますね。債券の利回りが上がるということは、債券価格が下落するということですので、米ドル建てで考えると債券を保有している投資家は損をしている可能性が高いという事になります。ただ、日本人投資家であれば同時に進んでいる円安のおかげで、円ベースで見ると+推移という点には注目ですね。

さて、上記の画像でご紹介しているように、[VCSH]バンガード・米国短期社債ETFの過去1年間の値動きをみてみると、実際にトランプ相場の影響でかなり投資口価格が下落しているように見えます。ただ、[VCSH]バンガード・米国短期社債ETFはあくまで『短期の債券』で、相場変動による下落の影響は限られているという性格があるんですよね。よくよくグラフの目盛りをみてみると、投資口価格が下がっていると言ってもピーク時から2%強であることがわかると思います。

[VCSH]バンガード・米国短期社債ETFなどから分配金をいただきました。

VCIT 分配金

VCSH 分配金

さて、今回は[VCIT]バンガード・米国中期社債ETFから1口あたり0.233$分の分配金(218口保有)を、[VCSH]バンガード・米国短期社債ETFから1口あたり0.14$分の分配金(239口保有)をいただきました。2銘柄合わせて受け取った2銘柄分の分配金は税引後で64.37$となります。円建てでは7.338円ですね。

なお、[VCIT]バンガード・米国中期社債ETFの2016年12月7日現在の過去1年間の分配利回りは3.3%程度、[VCSH]バンガード・米国短期社債ETFの2016年12月7日現在の過去1年間の分配利回りは2.1%程度、このブログでは投資対象としていない[VCLT]バンガード・米国長期社債ETFの2016年12月7日現在の過去1年間の分配利回りは4.4%程度となっています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.