優待券もいただけますが、実は配当利回りが高く準高配当銘柄です。嫁の要望で[9873]日本KFCホールディングスがポートフォリオに加わりました。 - 高配当株で配当金生活

優待券もいただけますが、実は配当利回りが高く準高配当銘柄です。嫁の要望で[9873]日本KFCホールディングスがポートフォリオに加わりました。

日本ではすっかり根付いている習慣であるクリスマスのチキン。この銘柄を購入した2016年12月時点では、テレビでも[9873]日本KFCのクリスマス用のCMを見かけることが多かったですね。そういう時期だからか、うちの嫁が『たまにはケンタッキー食べたいね』というので、それならばと同社をポートフォリオに組み入れることにしました。


スポンサーリンク

[9873]日本KFCHD 100株新規でお買い上げです

ということで、今回は[9873]日本KFCHDを新規で100株購入しました。実は、以前の[9873]日本KFCHDは1,000株単位の銘柄となっており、優待券をゲットするのに最低200万円必要というセレブ向けの銘柄だったのですが、昨年の10月から売買単位が100株単位に引き下げとなりまして、優待券をゲットしやすくなりました。

[9873]日本KFCHDの株主優待(3月/9月年2回)

自社商品引換券
■ 100株以上:500円分
■ 300株以上:1,500円分
■ 500株以上:2,500円分
■ 1,000株以上:5,000円分

さて、その[9873]日本KFCHDの株主優待制度は上記のようになっています。実は優待利回りは年0.5%程度でありまして、割の良さで言うと全然美味しくない銘柄ではあるのですが、その一方で最近の同社は利益水準に関係なく鉄壁の1株=50円の配当を延々と続けてくれておりまして、配当利回りは2%台の後半で推移しているんですよね。利回り面に着目すると買うほどの銘柄ではないのですが、その安定性に着目してポートフォリオの仲間入りとなりました。

[9873]日本KFCHDの主要指標(2017年2月25日現在)

■ PER:35.24倍(予想)
■ PBR:2.18倍(実績)
■ ROE:3.5%(実績)
■ 配当利回り:2.49%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:53.6→19.7→-23.4→32.6→57.1(2017/3予想)
■ 直近5期の配当推移:50→50→50→50→50(2017/3予想)

[1590]iシェアーズ 米国リート・不動産株ETF 29口売却

残り360口:さて、今回はケンタッキーの株式を購入する資金を捻出するために何を売ろうか迷いましたが、直近は株式・債券・リートの中でリートの値動きが一番良かったのか、リートの保有比率が『株式:債券:リート=38:38:24』の比率から一番上方に乖離していましたので、[1590]iシェアーズ 米国リート・不動産株ETFを売却しています。

その他 2016年12月6日に売買したのは以下の2銘柄です。

■ [2307]クロスキャット 100株新規購入 → クオカードの優待目当てです
■ [2903]シノブフーズ 100株新規購入 → 有明産のりの優待目当てです

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.