一時は超定番だった『超有名大手の高配当子会社系』の1社。10期連続増配中の[1973]NECネッツエスアイから中間配当金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

一時は超定番だった『超有名大手の高配当子会社系』の1社。10期連続増配中の[1973]NECネッツエスアイから中間配当金をいただきました。

[1973]NECネッツエスアイ 第85期中間株主通信:今回は、天下のNEC系の系列会社の1つである[1973]NECネッツエスアイから中間報告書と中間配当金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

最近は保有銘柄が少なくなってしまったのですが、以前は配当金生活のポートフォリオの定番銘柄だった『大手の子会社系銘柄』。配当金生活を始めた2009年頃は子会社系の銘柄の中には、大手の業績が超イマイチでもなぜか子会社の業績は優秀であり、さらに配当利回りも高いという所が多かったんですよね。最近はその系統の銘柄も株価が上がってしまったため、ポートフォリオからは徐々に姿を消しつつあります。

NECネッツエスアイ ネットワーク工事の会社です

[1973]NECネッツエスアイ ネットワーク工事の会社です:さて、その[1973]NECネッツエスアイがどういう会社かと申しますと、一言でいうと『ネットワーク工事』の会社ということになります。通信ネットワークは既に日々の生活には欠かせないインフラとなっており、ある意味『公共系』の銘柄と言っても良いくらいの重要度ではないかと思うんですよね。そういう企業には好んで投資する傾向にあります。

NECネッツエスアイ 今期も増配見込みです

[1973]NECネッツエスアイ 今期も増配見込みです:今期は上記の画像でご紹介している3大事業のうち『キャリアネットワーク事業』がイマイチ不調で上半期の時点では、営業利益ベースで前期比半減ということになってしまっていますが、期末では今の所営業利益ほぼヨコヨコ予想となっています。そして、配当の方は短期的な業績に左右されない還元を目指しているということで、今期も増配予定です。これで10期連続の増配見込みとなっていますね。

[1973]NECネッツエスアイから配当金です。

さて、今回は[1973]NECネッツエスアイから1株あたり36円の中間配当金をいただきました。保有株数は100株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は3,049円ということになりました。

NECネッツエスアイ[1973]の主要指標(2016年12月4日現在)

■ PER:12.85倍(予想)
■ PBR:1.11倍(実績)
■ ROE:6.5%(実績)
■ 配当利回り:3.49%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:145.7→166.1→156.7→120.8→160.7(2017/03予想)
■ 直近5期の配当推移:45→60→64→70→72(2017/03予想)

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.