M&Aに積極的なため陣容は拡大中。小型株ながら保有国内株で唯一の四半期配当で高配当株式の[7814]日本創発グループから配当金です。 - 高配当株で配当金生活

M&Aに積極的なため陣容は拡大中。小型株ながら保有国内株で唯一の四半期配当で高配当株式の[7814]日本創発グループから配当金です。


※ 上記株価チャートはヤフーファイナンスから引用

[7814]日本創発グループ 過去2年間の株価推移:今回は、私が保有している日本株の中では唯一の『四半期配当銘柄』である[7814]日本創発グループから同社の第3四半期の配当をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

[7814]日本創発グループは、会社名から何の事業を行っているかを非常に想像しにくい会社だと思います。HD化する前の会社名である『東京リスマチック』でも会社名からは何をやっているか判別不明の会社だったのですが、実は同社はDTP事業で大手ということなんですよね。

DTP(Desktop publishing、デスクトップパブリッシング)とは、日本語で卓上出版を意味し、書籍、新聞などの編集に際して行う割り付けなどの作業をパーソナルコンピュータ上で行い、プリンターで出力を行うこと。(wikipediaより引用)

最近は印刷物のデジタル化が進んでおり、上記のような『DTP事業』というものは先細り感があるのでは?というツッコミもあろうかと思います。同社もそれは当然ながらわかっているようでありまして、最近の同社はM&Aを活用しながら事業を広げているんですよね。それが吉とでるか凶と出るかは年数が経たないとわからないと思いますが、とりあえずは延々と続く1株=24円の配当をキープできるくらいの業績には期待したいものです。

[7814]日本創発グループから配当金をいただきました。

さて、今回は[7814]日本創発グループから1株あたり6円の配当金をいただきました。保有株数は500株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は2,541円ということになりました。

[7814]日本創発グループの主要指標(2016年11月30日現在)

■ PER:12.76倍(予想)
■ PBR:0.77倍(実績)
■ ROE:-4.5%(実績)
■ 配当利回り:3.82%(予想)
■ 直近2期のEPS推移:-36.9→49.2(2016/12予想)
■ 直近2期の配当推移:24→24(2016/12予想)
※ HD化に伴う組織変更があったため、今期がまだ2期目の会社となります。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.