福岡&九州エリアに集中投資。分配利回りは3%台後半の[8968]福岡リート投資法人から資産運用報告書と分配金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

福岡&九州エリアに集中投資。分配利回りは3%台後半の[8968]福岡リート投資法人から資産運用報告書と分配金をいただきました。

[8968]福岡リート 第24期資産運用報告書:今回は、国内では珍しい『運用地域限定型』のリートである[8968]福岡リートをご紹介することにしたいと思います。配当金生活のポートフォリオにおいて、保有しているリートの銘柄自体は十分に分散しているつもりなのですが、リートの宿命としてどうしても首都圏に物件が偏ってしまうんですよね。そう考えている私にとって、この銘柄の存在価値は非常に大きいものと言えると思います。

福岡リート 保有資産の売却

[8968]福岡リート 保有資産の売却:さて、今までは基本的に規模を拡大する一方だった[8968]福岡リートですが、今年後半に2物件を売却しまして、2016年11月末現在の予定では今期・第25期は前期に比べて資産総額が減少ということになりそうです。前期比で資産総額が減少ということは、リートの世界では前例がないというほどではないのですが、それでも滅多に見かけない事ですね。なお、売却益の物件と売却損の物件を見事に組み合わせて、分配金には影響が出ないように工夫しているようです。

[8968]福岡リート 商業施設は足踏み状態!?:[8968]福岡リートの保有物件の中で一番の比率を占めているのは商業施設(6割程度)です。つまり、多少なりともその保有物件の商業施設の売上が良いか・悪いかという事を気にしておかなくてはいけないということなんですよね。

上記の資料は、[8968]福岡リートが保有する2大商業施設である『キャナルシティ博多』『パークプレイス大分』の過去1年間の売上高の状況です。残念ながら2015年9月〜2016年8月の1年間は前年度に比べて売上高が5〜6%程度のマイナスとなってしまっていますね。熊本地震の影響や、インバウンド消費の変質なども理由に挙げられると思いますが、とりあえず施設自体の稼働率は非常に高率ですので、これくらいの変動であれば過度には気にしない事にしたいと思います。

[8968]福岡リートから分配金です。

さて、今回は[8968]福岡リートから1口あたり3,479円の分配金をいただきました。保有口数は6口でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った分配金の金額は17,678円ということになりました。なお、2016年11月29日現在の[8968]福岡リートの分配利回りは3.7%程度となっています。これは全銘柄の加重平均利回りに近い数字でありまして、[8968]福岡リートが地方銘柄であることを思うとちょっと物足りない水準ですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.