中国市場に注力しているため万年超割安株!? マンションのドアで有名かつ高配当の[7820]ニホンフラッシュから中間配当金です。 - 高配当株で配当金生活

中国市場に注力しているため万年超割安株!? マンションのドアで有名かつ高配当の[7820]ニホンフラッシュから中間配当金です。

ニホンフラッシュ[7820] 第53期中間報告書:今回は、会社名だけを聞くと『インターネット関連の会社?』と思える方もいらっしゃると思われる[7820]ニホンフラッシュから中間報告書と中間配当金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

私好みの『地方の本社銘柄(徳島県小松島市)』である[7820]ニホンフラッシュ。会社名からは想像しにくい業態ではあるのですが、実は同社は『マンションのドア』で有名な会社なんだそうです。同社のように『こわだりの一品』で押しまくるという業態の会社も私好みですので、同社はWで私好みの会社ということになりますね。

中国に子会社を設立

ニホンフラッシュ[7820] 中国に子会社を設立:さて、同社の特徴の1つと言えるのが中国市場への注力です。国内がメイン市場で中国にも進出している・・というタイプの会社ですと、特に珍しいという訳ではないと思うのですが、同社の場合は売上高の6割程度が中国から上がって来ているんですよね。つまりは、中国のマンション市況次第という面が大きいんですね。

上半期は右肩下がりの業績です

ニホンフラッシュ[7820] 上半期は右肩下がりの業績です:2017年3月期の中間期の業績は前年に続き前年度割れの成績ということになってしまいました。2016年3月期については、経常利益ベースで最終的に▲1.8%まで持ち直しましたが、今期はヨコヨコレベルまで持ち直す事ができるでしょうか?ただ、仮に持ち直せずに2〜3割程度の減益で落ち着いてしまうとしても、同社の40円配当を行うには十分な利益水準だと思いますので、減配されない限りは同社のホルダーであり続ける予定です。

[7820]ニホンフラッシュから配当金をいただきました。

7820 ニホンフラッシュ 配当金

さて、今回は[7820]ニホンフラッシュから1株あたり20円の配当金をいただきました。保有株数は200株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は3,388円ということになりました。

ニホンフラッシュ[7820]の主要指標(2016年11月27日現在)

■ PER:6.58倍(予想)
■ PBR:1.03倍(実績)
■ ROE:15.2%(実績)
■ 配当利回り:3.38%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:114.0→136.9→173.5→166.4→183.6(2017/03予想)
■ 直近5期の配当推移:15→20→30→40→40(2017/03予想)

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.