円高で大損→涙目状態と思いきや、トランプ相場のおかげで投資口価格がついに下げ止まり!? [1677]上場インデックス先進国債券から分配金です。 - 高配当株で配当金生活

円高で大損→涙目状態と思いきや、トランプ相場のおかげで投資口価格がついに下げ止まり!? [1677]上場インデックス先進国債券から分配金です。


※ 上記の投資口価格チャートはヤフーファイナンスから引用

[1677]上場インデックスファンド海外債券毎月分配 過去1年間の投資口価格チャート:今回の記事では、世界の先進国の国債などに投資するETFである[1677]上場インデックスファンド海外債券毎月分配をご紹介することにしたいと思います。

上記でご紹介しているのは[1677]上場インデックスファンド海外債券の過去1年間の投資口価格チャートです。記事のタイトルでは『トランプ相場のおかげでついに下げ止まり!?』と書いたのですが、最近の円安は債券安を伴ってのものなので、実は円相場の値動きのイメージほどは債券自体の円建て価格は回復していません。

とはいえ、ここ最近下がる一方で涙目状態だった[1677]上場インデックスファンド海外債券毎月分配の投資口価格も、そろそろ下げ止まりの兆しを見せているようにも見えますよね。当ブログの場合は、こういう事を書いてしまうとさらなる下げトレンドのフラグという事が度々あったのですが、今回は本当に下げ止まりになってくれる事を祈りたいものです。

[1677]上場インデックスファンド海外債券毎月分配から分配金です。

1677 分配金

さて、今回は[1677]上場インデックスファンド海外債券毎月分配から1口あたり137円の分配金をいただきました。今回の権利確定時の保有口数は80口でありまして、個人での源泉徴収税20.315%を差し引きしますと、実際に受け取った分配金の金額は8,734円ということになりました。なお、2016年11月27日現在での実績分配利回りは3.3%程度となっています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.