台湾にも進出しています。[3397]トリドール・丸亀製麺の台湾限定メニューなどをご紹介します。(たっちゃんの特典ビジネスクラスで行く台北の旅 その35) - 高配当株で配当金生活

台湾にも進出しています。[3397]トリドール・丸亀製麺の台湾限定メニューなどをご紹介します。(たっちゃんの特典ビジネスクラスで行く台北の旅 その35)

台湾の丸亀製麺 誠品生活西門町店にやってきました:たっちゃんの特典ビジネスクラスで行く台北の旅35回目の記事です。今回は、前回の記事に引き続き台湾の渋谷+秋葉原的存在の『西門町』をブラブラしています。今回は、本当は台湾のオシャレ本屋さん兼雑貨屋さん的存在の『誠品生活』というお店をご紹介しようと思ったのですが、入り口の所をみるとこのビルの中に[3397]トリドールの丸亀製麺が出店しているようなので行ってみる事にしました。

台湾の丸亀製麺 誠品生活西門町店のお店の前にて:さて『誠品生活西門町』の中にある丸亀製麺のお店にやってまいりました。お店の前を見ると『新登場・夏の味覚』というイベントをやっているようですね。あれ?今はもう11月じゃないの?というツッコミがあろうかと思うのですが、実はこの旅行をしているのは2016年8月の事なのです。旅行記を執筆するのに時間がかかり過ぎですよね。

台湾の丸亀製麺 オーストラリア産の小麦

台湾の丸亀製麺 オーストラリア産の小麦:丸亀製麺のお店の前を見ると、なぜか小麦粉の袋が置いてありました。日本の丸亀製麺のうどんは国産の小麦を使っているとウェブサイトに書かれているのですが、ここ台湾の丸亀製麺ではオーストラリアの小麦を使っているようですね。しかも『うどん専用』の小麦なんだそうです。この袋が漢字だらけなので台湾の小麦!?と勘違いしてしまいそうですね。

台湾の丸亀製麺 メニュー

台湾の丸亀製麺 メニュー:さて、台湾の丸亀製麺・誠品生活西門町店のお店の前にて台湾の丸亀製麺のメニューを配っていましたのでいただいて帰って来ました。1台湾ドル=3.5円で計算すると、釜揚げうどんの並サイズで約240円、大サイズでは約350円となっておりまして、物価の関係もあってなのか日本よりはやや安い価格設定となっているようですね。

また、地元の嗜好に合わせてなのか全体的に『お肉系のうどん』が多いような気がしますね。定番のカレーうどんも牛肉がドーンと入っていますし、そのものズバリの『肉うどん』や『温玉肉うどん』なんてものもメニューにあります。また、とんこつスープを使った『とんこつうどん』なんてものもありますね。今回は食べる機会がありませんでしたが、一度食べてみたいものです。

台湾の丸亀製麺 うどん・天ぷらの食べ方

台湾の丸亀製麺 うどん・天ぷらの食べ方:日本では当たり前のように思える『うどん・天ぷら』の食べ方ですけれども、やはりここは海外。中には食べ方を知らない人もいらっしゃるのではないかと思います。そういう方のために、こんな漢字でうどんや天ぷらの美味しい食べ方も紹介されていました。この説明をみながらだと、はじめてうどんや天ぷらを食べるという方でも安心して食べられそうですね。

たっちゃんの特典ビジネスクラスで行く台北の旅

前の記事台北の渋谷+秋葉原的存在『西門町』をブラブラ。とても気になるメイド喫茶に吸い寄せられました。
次の記事:現在執筆中です。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ