[4319]資格の学校TAC税理士講座 所得税法講座実力テスト第2回。今回も奇跡の百点満点ゲットです。(たっちゃんの税理士試験受験生活 所得税法編その6) - 高配当株で配当金生活

[4319]資格の学校TAC税理士講座 所得税法講座実力テスト第2回。今回も奇跡の百点満点ゲットです。(たっちゃんの税理士試験受験生活 所得税法編その6)

今回は、配当金生活のたっちゃんの税理士試験受験生活 所得税法編の第6回目の記事となります。所得税法の講座がスタートして2ヶ月半が経過しておりまして、[4319]資格の学校TAC税理士講座の所得税法・レギュラーコースの講義は現在23回目/78回中まで消化しています。

[4319]資格の学校TAC税理士講座 所得税法講座実力テスト第2回:さて、今回は[4319]資格の学校TAC税理士講座の月に1回の定期試験である実力テストの第2回を受験しましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

実力テスト第1回は、最初のテストということもあってか制限時間75分、75点満点で行われましたが、今回からは本試験と同じく制限時間2時間のテストということになります。所得税法の試験では『○○について述べよ』という論述式の問題が2問(合計50点)、納付すべき所得税の金額を求める計算問題が50点分出題される形式が続いており、これからの実力テストも全てこの形式で行われます。

ちなみに、今回の論述問題の方は『○○について説明しなさい』という問題の2本立てでした。何が出題されるかというのは事前に予告されているため、覚えて来たものを書くだけではあるのですが、ページにして4ページ分ほどもありまして、書くだけで40分ほどかかってしまうという大容量です。しかも、これでも本番のテストとしては決して量が多いものではないそうなんですよね。この量でも手と腕が痛くて大変でした。

[4319]資格の学校TAC税理士講座 所得税法講座実力テスト第2回結果:さて、こちらが[4319]資格の学校TAC税理士講座所得税法の第2回実力テストの結果となります。

今回も、事前に暗記理論を必死で覚え、付属の問題集も3〜4回程度繰り返し解いた上で試験に臨んだので、幸いにも初見の問題で100点を取る事が出来ました。ただ、平均点は86点のテストですし、成績表を見ると7人に1人くらいは100点を取っているようなので、まだまだ油断することはできませんね。レベルの高い他の所得税法受講生に負けないよう、自分も勉強を進めて行きたいと思います。

配当金生活のたっちゃんの税理士試験受験生活 第2部 所得税法編

前の記事たっちゃん家に第2子誕生へ。出産予定日の関係でやむなく住民税受験は撤退することにしました。
次の記事:現在執筆中です

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ