経済学の問題演習『分野別演習 第2回』。モヤモヤした理解ですが、問題はきちんと解けるようです。(たっちゃんの証券アナリスト受験日記 その9) - 高配当株で配当金生活

経済学の問題演習『分野別演習 第2回』。モヤモヤした理解ですが、問題はきちんと解けるようです。(たっちゃんの証券アナリスト受験日記 その9)

TACの証券アナリスト講座 財務分析 分野別第2回解答用紙

[4319]TACの証券アナリスト講座 経済の教科書:今回は、たっちゃんの証券アナリスト受験日記9回目の記事です。今回は、TACの証券アナリストコースの3科目のうち『経済』の『分野別演習第2回』を受講しましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

TACの証券アナリスト講座 全体カリキュラム
※ 上記の画像は[4319]TACの公式サイトから引用

1つ前の記事でもご紹介しましたが、証券アナリスト講座のカリキュラムを再度ご紹介しておきたいと思います。この講座では、12月までが基本期ということになっておりまして、証券分析・財務分析・経済の各科目について基本講義に加えて『分野別演習』『実力テスト』『基礎答練』の合計4回のテストが組み込まれたカリキュラムとなっています。

最近は授業の方で証券アナリスト講座・経済のメイン分野の『マクロ経済学』の学習が続いています。講義が解りやすい先生なので、講義の内容自体は理解出来ており、問題もそれなりに解けるのですが、経済学というのは何ともモヤモヤとした学問ですよね。複雑な現代社会を単純にモデル化しているので致し方ない事なのかもしれませんけどね。

証券分析 実力テスト第1回

[4319]TACの証券アナリスト講座 経済 分野別演習第2回:さて、今回受験したのは証券アナリストの3科目の中の『経済』の分野別演習の第2回です。今回は、マクロ経済学の前半の分野から正誤問題を中心に4択(一部5択)の問題が20問出題されています。

前述のように、なんともモヤモヤとした経済学ではありますが、この分野別演習は先生のレジュメに載っている例題の類題ばかりが出題されるからか、問題を解くだけであればそう苦労することはありません。今回も、事前にテスト範囲のレジュメを確認してから問題に臨みましたので18/20問の正解率でした。覚えて・忘れての繰り返しですが、これからもこの調子で勉強を進めたいと思います。

試験対応 らくらくマクロ経済学入門 改訂第3版 (らくらく経済学入門シリーズ)

茂木 喜久雄 週刊住宅新聞社 2016-02-01
売り上げランキング : 22257
by ヨメレバ

配当金生活のたっちゃんの証券アナリスト受験日記

前の記事会計学などを学ぶ『財務分析 分野別演習第2回』。子会社と関連会社の違いでミスをしてしまいました。
次の記事:後日公開します
資格の学校TAC証券アナリストコースの詳細はこちらからご覧になれます。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ