会計学などを学ぶ『財務分析 分野別演習第2回』。子会社と関連会社の違いでミスをしてしまいました。(たっちゃんの証券アナリスト受験日記 その8) - 高配当株で配当金生活

会計学などを学ぶ『財務分析 分野別演習第2回』。子会社と関連会社の違いでミスをしてしまいました。(たっちゃんの証券アナリスト受験日記 その8)

TACの証券アナリスト講座 財務分析 分野別第2回解答用紙

[4319]TACの証券アナリスト講座 財務分析 分野別演習第2回解答用紙:今回は、たっちゃんの証券アナリスト受験日記8回目の記事です。今回は、TACの証券アナリストコースの3科目のうち『財務分析』の『分野別演習第2回』を受講しましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

TACの証券アナリスト講座 全体カリキュラム
※ 上記の画像は[4319]TACの公式サイトから引用

過去の記事でもご紹介した証券アナリスト講座のカリキュラムを再度ご紹介しておきたいと思います。この講座では、12月までが基本期ということになっておりまして、証券分析・財務分析・経済の各科目について基本講義に加えて『分野別演習』『実力テスト』『基礎答練』の合計4回のテストが組み込まれたカリキュラムとなっています。カリキュラムの前半に演習が多いのは『早く問題に慣れてほしい』からなんでしょうね。

証券分析 実力テスト第1回

[4319]TACの証券アナリスト講座 財務分析 分野別演習第2回:さて、今回受験したのは証券アナリストの3科目の中では一番の得意科目としている『財務分析』です。いわゆる会計学など中心に出題される科目なので、過去に会計士試験・税理士試験の勉強をして来た事が報われるんですよね。

今回のテストもいわゆる『計算問題』については税理士・会計士の教科書の例題レベルのものしか出ないので、今回も満点が取れたのですが、4つの文章の中から正しいもの・誤ったものを選ぶ『理論問題』で10問中2問ミスを出してしまい、54点/60点ということになりました。ただ、合格点ではありますし、この試験は科目合格制度なのでこれくらいの点数がキープ出来ている限りは、他の科目に力を入れ続けたいと思います。

間違えてしまったネタを1つだけ紹介しておくと、子会社・関連会社関連の問題で『影響力基準』『支配力基準』を取り違えた事でした。普段投資する上ではあまり気にしなくて良いネタではあるのですが『支配力基準』が子会社の判定の時、『影響力基準』が関係会社の判定をする時に使う基準でしたね。次以降は勘違いしないようにしたいと思います。

配当金生活のたっちゃんの証券アナリスト受験日記

前の記事経済学の第1回実力テスト。講義の方では政府の金融政策・財政政策の違いなどを学びました。
次の記事経済学の問題演習『分野別演習 第2回』。モヤモヤした理解ですが、問題はきちんと解けるようです。
資格の学校TAC証券アナリストコースの詳細はこちらからご覧になれます。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ