世界No.1のおもちゃメーカーで高配当株式。カードゲームのUNOでもおなじみの[MAT]マテルから四半期配当をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

世界No.1のおもちゃメーカーで高配当株式。カードゲームのUNOでもおなじみの[MAT]マテルから四半期配当をいただきました。

今回は、配当金生活のポートフォリオの『海外株式クラス』の保有銘柄の1つで、世界最大級のおもちゃメーカーでもある[MAT]マテルから四半期配当をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。


スポンサーリンク

最新情報 [MAT]マテルの2016年4Q決算は超大コケ

2017年1月25日に[MAT]マテルの決算が発表されました。今回発表された2016年の第4四半期決算は、売上高が前年度比8.3%のマイナス、営業利益が前年度比10.7%のマイナスとなっています。この数字は市場の予想よりもかなり悪かったものでありまして、株価は急落、配当利回りは久しぶりに6%を視野に入れる動きとなっています。ついに買い増しのチャンスが到来かも!?

[MAT]マテル 過去5年間の株価チャート


※ 上記の株価チャートはヤフーファイナンスから引用

日本では日本のおもちゃメーカーが強いので[MAT]マテルのおもちゃと言われても何も思い浮かばないという方が少なくはないと思うのですが、おそらくほとんどの方がご存知の同社の商品としては、カードゲームのUNOがあります。今の若い方だとやった事が無いという方もいらっしゃると思うのですが、自分の世代(30代)であればやった事がないという方はほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか。

さて、最近の同社は業績不調でありまして、前期・2015年12月期の営業利益は最近のピークの2013年12月期から比べるとおおよそ半減になってしまっています。今期の営業利益も概ねヨコヨコ予想と不調は続いているのですが、それでも下げ止まっているという点は評価したいですね。一時的に同社の業績が不調な年があるにしても、同社のおもちゃ群のブランド力は強いと期待して、いずれは買い増しを行うかもしれません。

[MAT]マテルから配当金です

MAT マテル 配当金

さて、今回は[MAT]マテルから1株あたり0.38$の配当金をいただきました。保有株数は185株でありまして、法人での源泉徴収税などを差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は53.68$ということになりました。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせしますと、実際に受け取った配当金の金額は5,726円ですね。

[MAT]マテルの主要指標(2017年1月29日現在)

■ PER:25.2倍
■ PBR:3.8倍
■ ROE:13.1%
■ 配当利回り:5.74%
■ 直近5期のEPS推移:2.47→2.58→1.45→1.08→0.92(2016/12実績)
■ 直近5期の配当推移:1.24→1.44→1.52→1.52→1.52(2016/12実績)

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.