JALダイナースクラブカードからお手紙。『三井住友信託銀行に外貨を送金』すれば、7,500円か15,000円ゲットできるという大盤振る舞いCPでした。 - 高配当株で配当金生活

JALダイナースクラブカードからお手紙。『三井住友信託銀行に外貨を送金』すれば、7,500円か15,000円ゲットできるという大盤振る舞いCPでした。

今回は、私の保有しているクレジットカードの1つであるJALダイナースクラブカードの請求書の中に入っていた宣伝のチラシをご紹介することにしたいと思います。このダイナースクラブカードは、国内ではシティバンクグループから三井住友信託銀行系に運営が変わった事はご存知の方も多いと思います。今回も、その三井住友信託銀行系の宣伝チラシということになりますね。

三井住友信託銀行への外貨送金キャンペーン

三井住友信託銀行への外貨送金キャンペーン:さて、郵便物を開封したタイミングの関係で、この記事を書いている時点では既に終了してしまっているキャンペーンではありますが、今回ご案内をいただいたキャンペーンである三井住友信託銀行への外貨送金キャンペーンをご紹介したいと思います。

このキャンペーンでは、期間中に『国内・海外の金融機関』から外貨建てで送金し、かつ、窓口でダイナースクラブカードを提示すると7,500円か15,000円をゲットできるというものです。元々、他の金融機関に外貨を保有しているのであれば美味しいキャンペーンだと思ったのですが、実際のところはどうなのでしょうか。

三井住友信託銀行への外貨送金キャンペーン
※ 上記の表は三井住友銀行のウェブサイトから引用

参考までに、私のメインバンクである三井住友銀行の外貨送金の手数料を調べてみました。これをみると、基本的には三井住友銀行以外の銀行に外貨を送金するのであれば3,500円の振込手数料に最低2,500円のリフティングチャージというものがかかってしまうようですね。つまり、三井住友銀行から他行へ送金するのであれば、最低でも6,000円はかかってしまうという訳なのです。意外に高い手数料ですよね。

なお、上記の表の*印の注意書きをみると、三井住友銀行と三井住友信託銀行の間の送金であれば振込手数料・リフティングチャージともに無料となるようなので、もともと三井住友銀行で保有していた外貨を三井住友信託銀行に流すというのであれば、手数料の負担なしに7,500円か15,000円をゲットする事が可能ではないかと思われます。今回のキャンペーンの注意分にも『三井住友銀行からの送金は対象外です』とは書かれていないですしね。

三井住友信託銀行の外貨為替手数料一覧

三井住友信託銀行の外貨為替手数料一覧:ちなみに、今回の件とは直接は関係ない情報なのですが、三井住友信託銀行の外貨の為替手数料は上記のようになっているようです。ネットバンクを利用する場合は、片道20銭か40銭となっておりまして、ネット銀行には負けるものの手数料としてはそれほど悪い水準ではないように思いますね。ただ、実際に利用するかと言われるとちょっと疑問ですけどね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ