台北101展望台で地上400mから楽しめる広大な台北の景色。面白い日本語ネタもご紹介します。(たっちゃんの特典ビジネスクラスで行く台北の旅 その29) - 高配当株で配当金生活

台北101展望台で地上400mから楽しめる広大な台北の景色。面白い日本語ネタもご紹介します。(たっちゃんの特典ビジネスクラスで行く台北の旅 その29)

台北101の展望台にやってきました:たっちゃんの特典ビジネスクラスで行く台北の旅、29回目の記事です。今回も、前回に引き続き台北のランドマークタワーである『台北101』に滞在しています。前回の記事では台北101の元・速度世界一のエレベーターに乗りまして、展望台に到着したところまでをご紹介しました。今回の記事では、台北101から眺める台北市内の景色を中心にご紹介することにしたいと思います。

台北101の展望台からの景色・北側

台北101の展望台からの景色・北側:まずは、台北101の展望台からの北側の景色をご紹介します。この方向の景色として目立つのは、やはり台北松山空港でしょうか。最初日本からのANA便で到着したこの台北松山空港。実はこんなに街中にある空港なんですよね。これだけ街中にドーンとそびえ立っている空港は日本で例えると福岡空港に近い印象ですね。

台北101の展望台からの景色・西側:次に、台北101の展望台からの西側の景色をご紹介します。台北101のあるエリアは台北市内の中では新都心という雰囲気なのですが、こちら側のエリアは昔からの台北の中心エリアと言えるでしょう。台北市内の観光の中心となるスポットもこの写真の中に色々と入っています。

台北101の展望台からの景色・南側:次に、台北101の展望台からの南の景色をご紹介します。台北市内の南東にある台北101。盆地となっている台北市内なので、実は周りは山に囲まれているんですよね。こちらの方向は、その山がキレイにみられる景色となっています。

台北101 VR体験コーナー?

台北101 VR体験コーナー?:最近、話題の技術と言われている『VR』。余り詳しくはないのですが、最近プレイステーションVRなるものも発売されたようですね。この技術による3D体験というのはどんなものなのか、新技術好きの私は気になってなりません。台湾でもこの技術の開発は行われているようでありまして、台北101の展望台エリアの中にもおそらくは『VR技術』と思われるものの体験コーナーがありました。

ちょっと面白いカタカナ

台北101 ちょっと面白いカタカナ:さて、海外旅行に行っていると時々見かける『ちょっと面白い日本語』。面白い日本語といえば『訳がちょっと怪しい系』のものが定番ではあるのですが、今回ご紹介するのは『文字がちょっと面白い』という珍しいパターンのものです。間違っているという訳ではないのですが、ちょっと面白いカタカナになってしまっていますね。カタカナの文字のデータが入っていないのでドット絵として処理したという事なのかもしれませんね。

たっちゃんの特典ビジネスクラスで行く台北の旅

前の記事台北101の展望台の観光へ。かつては世界一だったスピードの東芝製エレベーターをご紹介します。
次の記事台北101の展望台探索。台風や地震にも耐える秘訣『ウインドダンパー』や外の展望台をご紹介です。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ