なんと銀座の話題のフレンチ店『ティエリー・マルクス』でも優待券が利用できるように。[2729]JALUXから4,000円分の株主優待券をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

なんと銀座の話題のフレンチ店『ティエリー・マルクス』でも優待券が利用できるように。[2729]JALUXから4,000円分の株主優待券をいただきました。

[2729]JALUX 株主優待券の使えるお店:今回は、[9201]日本航空系の商社である[2729]JALUXから株主優待券をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。さて、同社の優待の使い道といえば、今までは上記の画像でご紹介しているように同社の空港売店での利用が基本でした。また、同社が経営している通販カタログ『ジャル・ワールド・ショッピングクラブ』も優待券利用の対象となっています。

[2729]JALUX 株主優待券 フレンチで使えるようになりました:さて、今回の案内をみると東京・銀座に9月24日にオープンしたフレンチ店『ティエリー・マルクス』『ビストロ・マルクス』でも株主優待券が使えるようになったとあります。あれ?[2729]JALUXなのになぜかフレンチのお店!?と思ったのですが、よくよく調べてみるとこれは[2729]JALUXの新事業だったようなのです。

フレンチレストランというのは航空系商社っぽくはないですが、元々航空系に限らない事業にも取り組んでいた[2729]JALUXなので、これはこれで同社の新機軸ということでその成功に期待することにしたいと思います。今の所、大手グルメ口コミサイトでの評判も良いようなので、東京かその近郊にお住まいの方であれば、同社の優待の使い道候補の1つとしても良いのではないかと思いますね。

[2729]JALUXの株主優待券(3月9月 年2回)

株主優待商品券(1枚1,000円)
■ 100株以上:2枚
■ 500株以上:4枚
■ 2、000株以上:7枚
■ 4、000株以上:10枚
■ 6、000株以上:12枚
■ 10、000株以上:14枚

[2729]JALUX 2016年9月権利確定分株主優待券:さて、今回は[2729]JALUXから1名義あたり2,000円分の株主優待券をいただきました。保有株数は個人で100株+法人で100株ですので、各名義から2,000円ずつ、合計4,000円分の株主優待券をいただいた事になります。4,000円ではフレンチを食べるには足りないので、フレンチのお店に行くのであれば2回分貯めてから使いたいところですね。

[2729]JALUXの主要指標(2016年11月1日現在)

■ PER:9.38倍(予想)
■ PBR:1.24倍(実績)
■ ROE:7.3%(実績)
■ 配当利回り:2.27%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:61.7→76.6→90.9→159.4→187.9(2017/03予想)
■ 直近5期の配当推移:15→20→25→30→40(2017/03予想)

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ