国内高配当銘柄人気ランキングトップ5(2016年10月)四半期配当の高配当銘柄[7814]日本創発グループが4位に登場もメジャー銘柄御三家の壁は崩せず。 - 高配当株で配当金生活

国内高配当銘柄人気ランキングトップ5(2016年10月)四半期配当の高配当銘柄[7814]日本創発グループが4位に登場もメジャー銘柄御三家の壁は崩せず。

今回の記事では2016年10月の1ヶ月の間に高配当株で配当金生活のブログ内で注目を集めた国内の高配当株式関連の記事の銘柄別トップ5をご紹介することにしたいと思います。

参考:前回2016年9月 国内高配当銘柄人気ランキングトップ5

1位:[7751]キヤノン(配当利回り4.92%)
2位:[8031]三井物産(配当利回り3.46%)
3位:[8411]みずほFG(配当利回り4.39%)
4位:[8591]オリックス(配当利回り3.43%)
5位:[3313]ブックオフコーポレーション(配当利回り3.12%)
※ 上記の予想配当利回りは2016年10月23日現在のものです。

当ブログの国内外高配当銘柄人気ランキングトップ5について

「高配当株式」の定義というと、正確な定義は定められていないためその判断が難しい所ですよね。実は、このブログをスタートさせた時は株価が低迷していて高配当株式がゴロゴロ市場に眠っていたために、配当利回り4%以上を「高配当株式の定義」としていたんですけれども、当面の間はこのランキングでご紹介するのは来期配当利回り3%以上見込みの銘柄ということにさせていただきます。

なお、今回のランキングは2016年9月22日〜2016年10月22日までのアクセス数を元に判断しています。

第5位:[4641]アルプス技研(配当利回り3.35%)

配当性向50%にこだわる技術者派遣の高配当銘柄[4641]アルプス技研から配当。今は絶好調ですが不景気に備え持ち株を減らしています。

第4位:[7814]日本創発グループ(配当利回り3.96%)

国内では珍しい四半期配当の会社で配当利回りは4%前後をキープ中。[7814]日本創発グループから四半期配当をいただきました。

第3位:[8411]みずほFG(配当利回り4.39%)

予想配当利回りは驚きの4.5%。[8411]みずほフィナンシャルグループから期末配当金と定時株主総会招集通知です。

第2位:[7751]キヤノン(配当利回り4.92%)

超メジャー銘柄では最強クラスの配当利回り。配当利回り5%台の[7751]キヤノンから中間報告書と中間配当金です。

第1位:[8031]三井物産(配当利回り3.46%)

業績減速でついに今期は減配も商社株にしては異例の高配当性向をキープ。高配当商社株の[8031]三井物産から期末配当金です。

ということで過去1ヶ月間、当ブログの『国内高配当銘柄』関係の記事の中で、読者の皆様に最も多くご覧いただいたものは[8031]三井物産に関する記事でした。先月と順番は入れ替わっていますが、当ブログで高配当メジャー銘柄御三家と呼んでいる[7751]キヤノン、[8031]三井物産、[8411]みずほFの3銘柄が先月に引き続き1位〜3位を占めました。

また、今月の4位には[7814]日本創発グループがランクインしています。こちらは、御三家と比べるとかなりマイナーな銘柄ではあるのですが、国内では数少ない『四半期配当型&高配当株式』という事で、おそらくは当ブログ内限定で人気の銘柄であると思われます。パッとしない業績ではありますが、その分株価もパッとしない状況なので今年に入って買い増しした銘柄です。

2016年10月 国内高配当銘柄人気ランキングトップ5 まとめ

1位:[8031]三井物産(配当利回り3.46%)
2位:[7751]キヤノン(配当利回り4.92%)
3位:[8411]みずほFG(配当利回り4.39%)
4位:[7814]日本創発グループ(配当利回り3.96%)
5位:[4641]アルプス技研(配当利回り3.35%)
※ 上記の予想配当利回りは2016年10月23日現在のものです。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ