初の中間関門・所得税法実力テスト第1回。平均点93点という受験生のレベルの高さに驚愕です。(たっちゃんの税理士試験受験生活 所得税法編その4) - 高配当株で配当金生活

初の中間関門・所得税法実力テスト第1回。平均点93点という受験生のレベルの高さに驚愕です。(たっちゃんの税理士試験受験生活 所得税法編その4)

今回は、配当金生活のたっちゃんの税理士試験受験生活 所得税法編の第4回目の記事となります。所得税法の講座がスタートして1ヶ月半が経過しておりまして、[4319]資格の学校TAC税理士講座の講義は現在13回目/78回中まで消化しています。

[4319]資格の学校TAC税理士講座 所得税法講座実力テスト第1回:さて、今回は[4319]資格の学校TAC税理士講座を受講する場合は、どの科目においても月に1回の定番イベントとなっている所得税法 実力テストの第1回を受験しましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

所得税法のテストは、基本的に半分の50点が理論問題となっており、残りの50点が納めるべき所得税の金額を計算する計算問題となっています。このうち、理論問題については年によっては『・・について説明しなさい』という非常にシンプルな問題となることもあるようですね。なお、当ブログでは問題については重要な部分は公開しない事にしたいと思いますので、その点については何卒ご了承ください。上記の画像は加工をしてあります。

さて、今回ははじめての実力テストということで、理論問題の配点は25点でありまして、かつ出題内容も事前にこの1ページを覚えてくださいと言われた物を直接書くだけとなっています。事前に覚えるように言われた1ページを書くだけ・・と言ってもそんな丸暗記をいままでした事がなかったので、覚えるのはかなり苦労してしまいました。

そして、第2問の方は所得税の申告納税額を計算する総合問題となっています。今回の問題は30〜40分ほどで完答することができるあっさりした問題だったのですが、第2回からは本格的な問題が出題されるようになるようです。ただ、[4319]資格の学校TAC税理士講座の傾向としてとにかく『基礎問題』を大切にする傾向があるので、しばらくの間はできるだけ満点に近い点数を取れるように努力したいですね。

[4319]資格の学校TAC税理士講座 所得税法講座実力テスト第1回結果:ということで、こちらが[4319]資格の学校TAC税理士講座所得税法の第1回実力テストの結果となります。

100点満点の75点?と勘違いしてしまいそうですが、今回の実力テストはボリュームが少なかったので、75点満点となっており、つまりは75点は満点ということになります。自分で自分をほめてあげたいと思います。ただ、平均点が69.4点(得点率93%)とベラボーに高く、満点でも上位33.3%とありますので、つまりは3人に1人が満点だったということになりますね。ということで、これからも油断する事なく学習をすすめ、2回目の実力テストでも上位3分の1以上には入れるように努力したいと思います。

配当金生活のたっちゃんの税理士試験受験生活 第2部 所得税法編

前の記事勉強超大好きたっちゃん。所得税法だけでは物足らず資格の大原の住民税の講座も申し込みました。
次の記事たっちゃん家に第2子誕生へ。出産予定日の関係でやむなく住民税受験は撤退することにしました。


この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ