ダスキン[4665]を100株売却しても優待金額が変わらない事に気付いたので100株売却、株価絶好調の[7550]ゼンショーHDの持ち株数も減らしています。 - 高配当株で配当金生活

ダスキン[4665]を100株売却しても優待金額が変わらない事に気付いたので100株売却、株価絶好調の[7550]ゼンショーHDの持ち株数も減らしています。

昨日、9月末日時点での配当金生活のポートフォリオの運用状況をまとめていて、ふと気付いた事がありました。それは『ダスキンを2名義で300株+100株』という保有の仕方をしているけれども、これを『3名義で100株+100株+100株』としても優待の金額は変わらないという事です。

個人的には[4665]ダスキンの『掃除事業とミスタードーナツ事業の事業ポートフォリオ』はお気に入りではあるのですが、残念ながら数字面ではイマイチな状況が続いている同社ですので、ここは持ち株数を100株減らしておくことにしたいと思います。

[4665]ダスキン 200株売却&100株購入 3名義で100株ずつに変更:ということで、今回一方の名義で200株売却、もう一方の名義で100株購入するという持ち高の調整を行いました。今後の同社の方針についてですが、優待券自体は長らく愛用していますので、今後もこの300株は長期で保有する予定です。

[7550]ゼンショーHD 200株売却 2名義で100株+500株の計600株へ:また、これに合わせて最近業績が回復傾向で株価が絶好調な推移となっている[7550]ゼンショーHDの持ち株数を減らす事にしました。最近は同社系列で単価の高いファミレス系のお店にあまり行かなくなった事から、常に消化するのに苦戦している同社の優待券。今の株価であれば、一部を利益確定して優待ゲット枚数を減らしても良いと思えますね。

[1555]豪州リートETF 340株口購入 合計3,850口へ:上記2銘柄を合わせて今回は差し引き50万円強の売却となりましたので、同額他の商品を購入する必要があります。ポートフォリオのバランスを見ると、現在はリートの時価評価額が他の商品に比べてやや凹んでいましたので、今回はリートの中から[1555]豪州リートETFを340口(50万円強)購入する事にしました。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ