台北MRTの松山機場站で電子マネーの悠遊カードに現金をチャージしつつ、地下鉄に乗車します。(たっちゃんの特典ビジネスクラスで行く台北の旅 その12) - 高配当株で配当金生活

台北MRTの松山機場站で電子マネーの悠遊カードに現金をチャージしつつ、地下鉄に乗車します。(たっちゃんの特典ビジネスクラスで行く台北の旅 その12)

台北MRTの松山空港駅にやってきました

台北MRTの松山空港駅にやってきました:たっちゃんの特典ビジネスクラスで行く台北の旅、12回目の記事です。今回は、松山空港に直結している地下鉄駅の『台北MRT 松山空港駅(松山機場站)』で、台湾の電子マネーで各種公共交通機関にも乗る事のできるカードである『悠遊カード』にチャージしつつ、地下鉄に乗車することにしたいと思います。

台北MRTの松山空港駅 文湖線に乗ります:さて、今回乗車するのは台北MRTの1号線である『文湖線』です。この路線は、松山空港駅の近所では地下鉄になっているのですが、実はほとんどの区間が高架の鉄道となっているため他の路線との乗り継ぎが最悪なのです。そして、最初にできた路線だからかその車両がやたらと小さくいつも激混みというオマケ付き。正直な所空港到着時は鉄道ファン以外は利用はオススメしないので、その点についてはご注意くださいね。

台北MRTの松山空港駅 悠遊カードをチャージします

台北MRTの松山空港駅 悠遊カードをチャージします:さて、『文湖線』の切符売り場にやってきました。この券売機では、いわゆる普通のチケットを買う事もできるのですが、私は電子マネーの『悠遊カード』をメインに利用していますので、このカードをチャージすることにしたいと思います。まずは、上記の写真の右下の方に見えるICカードと書いている場所にカードを置いて、その後でチャージをするお金を入れます。

台北MRTの松山空港駅 悠遊カードをチャージします(2):その様子を別角度から撮影したのがこちらの写真です。元々、このカードには441元がチャージされていたようですが、今回は前回の旅行であまった小銭を中心に90元をチャージしました。日本円でいうと300円くらいしかチャージしていませんが、このチャージのメインの目的は残高を確認することだったので、今回はこれくらいのチャージで良いかと思いました。

台北MRTの松山空港駅 MRTの路線図

台北MRTの松山空港駅 MRTの路線図:ちなみに、上記の画像は台北MRTの路線図です。正式には『台北捷運』と言われる鉄道なのですが、台北捷運といいつつも隣接する新北市にまで積極的に路線を伸ばしておりまして、また初乗りが20元という安さ(約70円)も相まって、台北近郊を観光する上では主要な交通機関になるのではないかと思います。特に都心部では網の目のように路線が張り巡らされていますね。

台北MRTの松山空港駅 MRTの改札

台北MRTの松山空港駅 MRTの改札:ということで、悠遊カードのチャージが終わりましたのでMRTの改札を通ることにしたいと思います。個人的には旅行客が大きな荷物を持って乗る事はお勧め出来ない『文湖線』については、次の旅行記にてご紹介することにしたいと思います。

たっちゃんの特典ビジネスクラスで行く台北の旅

前の記事台北松山空港の展望デッキ。エバー航空が運行している『ハローキティジェット』などを撮影しました。
次の記事いつもいつも激混みの台北MRT文湖線。すし詰め車内に苦しみながらホテルの最寄り駅まで移動。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ