【質問】なぜたっちゃんは日興アセットの[1677]上場インデックスファンド海外債券などの流動性の低いETFをわざわざポートフォリオに組み入れるのですか? - 高配当株で配当金生活

【質問】なぜたっちゃんは日興アセットの[1677]上場インデックスファンド海外債券などの流動性の低いETFをわざわざポートフォリオに組み入れるのですか?


※ 上記の投資口価格チャートはヤフーファイナンスから引用

[1677]上場インデックスファンド海外債券毎月分配 過去2年間の投資口価格チャート:今回は、日興アセットマネジメントが組成しているETFである[1677]上場インデックスファンド海外債券毎月分配をご紹介することにしたいと思います。最近は色々な商品が登場しているETFですが、実は[1677]上場インデックスファンド海外債券はその中では比較的老舗ということになりますね。

さて、『海外債券もののETFや投資信託は他にも色々と良い商品があるのに、なぜわざわざ日興アセットマネジメントの流動性の低いものに投資するのですか?』という質問を読者の方からいただきました。この質問は確かにおっしゃるとおりでありまして、基本的には海外債券ものは米国債券であればisharesシリーズやバンガード社のもの、それ以外の国にも投資したいのであれば、信託報酬の安い投資信託などで十分なような気がします。

それでも、私が敢えて『日興アセットマネジメントのETF』に投資しているのは、ひとえに私が日興贔屓であるがためなんですよね。また、敢えてそれほど人気の出なさそうなETFを国産ETFとしてわざわざ東証に上場してくれているという事に対しての敬意もあります。実際、私がたったの80口を保有したからといって、大勢に影響はないと思うのですが、これからも基本的には同社のETFは応援していきたいと思っています。

[1677]上場インデックスファンド海外債券毎月分配から分配金です。

さて、今回は[1677]上場インデックスファンド海外債券毎月分配から1口あたり136円の分配金をいただきました。今回の権利確定時の保有口数は80口でありまして、個人での源泉徴収税20.315%を差し引きしますと、実際に受け取った分配金の金額は8,669円ということになりました。なお、2016年9月18日現在での実績分配利回りは3.3%程度となっています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ