業績微下方修正も1株50円の配当は維持で、配当利回りはついに4%の大台へ。店舗ディスプレーの[9622]スペースから中間配当金です。 - 高配当株で配当金生活

業績微下方修正も1株50円の配当は維持で、配当利回りはついに4%の大台へ。店舗ディスプレーの[9622]スペースから中間配当金です。

[9622]スペース 第45期中間株主通信:今回は、商業施設の店舗ディスプレーの分野で大手である[9622]スペースから同社の第45期中間株主通信と中間配当金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。同社は、この分野では[9716]乃村工芸社、[9743]丹青社に次いで業界3位とされていますね。

スペース 業績を下方修正しました

[9622]スペース 業績を下方修正しました:ここ数年の同社は、期首に保守的な予想を立てて来て、後から『上方修正&増配』を発表するというのが定番のネタだったのですが、今中間期については熊本地震の影響に、新規の出店の見送りなどもちょくちょくあったそうでして、上記のように業績は下方修正ということになってしまいました。今まで保守的な見積もりの傾向にあった同社が下方修正するくらいなので、もしかすると商業施設の自体の元気が無くなって来ているのかもしれませんね。

スペース 配当は継続です

[9622]スペース 配当は継続です:最近は『上方修正&増配』をセットで発表するのが定番の[9622]スペースですが、今回のように下方修正を発表したからといって減配を発表するということはなく『安定配当を維持』という方針の通り、年間配当金50円は継続されることとなりました。足元の株価がややイマイチな推移になっていますので、直近の配当利回りは4%を超えて来ていますね。将来の業績はやや心配ながら、そろそろ買い増しの好機と言えるのかもしれません。

[9622]スペースから配当金です。

さて、今回は[9622]スペースから1株あたり25円の配当金をいただきました。保有株数は300株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は6,352円ということになりました。

[9622]スペースの主要指標(2016年9月16日現在)

■ PER:13.65倍(予想)
■ PBR:1.07倍(実績)
■ ROE:9.5%(実績)
■ 配当利回り:4.22%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:41.4→76.9→80.0→101.4→86.8(2016/12予想)
■ 直近5期の配当推移:28→40→46→50→50(2016/12予想)

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ