投資先の高齢者向け施設への体験入居の投資主優待券付き。[3308]日本ヘルスケア投資法人から分配金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

投資先の高齢者向け施設への体験入居の投資主優待券付き。[3308]日本ヘルスケア投資法人から分配金をいただきました。

[3308]日本ヘルスケア投資法人 第4期資産運用報告書:今回は、私の配当金生活のポートフォリオでは唯一保有している『ヘルスケア施設主体』型のリートの1つである[3308]日本ヘルスケア投資法人から分配金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

この系統のリートは、国内に上場しているリート銘柄としてはいずれも規模が小さいものでありまして、どちらかというと大型でスポンサーもしっかりしている銘柄を好む私の傾向からは外れてしまうのですが、かといって、上場ヘルスケア系3銘柄のうち1銘柄も保有していないとなると、この系統のリートについて考える機会が0になってしまいますので、様子見の口数で[3308]日本ヘルスケア投資法人だけを保有しています。

日本ヘルスケア投資法人 投資口優待

[3308]日本ヘルスケア投資法人 投資口優待:リート銘柄として[3308]日本ヘルスケア投資法人の珍しい点としては『投資主優待制度』を導入しているということですね。上記で紹介しているのはその一部ではあるのですが、基本的にはヘルスケア施設の『体験入居』『入居一時金割引』などが優待の内容として上がっています。金額換算するとまあまあ美味しい優待なのかもしれませんが、さすがに30代で体験入居する勇気はありませんよね。

日本ヘルスケア投資法人 分配金の推移

[3308]日本ヘルスケア投資法人 分配金の推移:さて、[3308]日本ヘルスケア投資法人の上場以降の分配金推移は上記のようになっています。また、この銘柄は『利益超過分配金』を支払う銘柄の1つということになっていますね。この利益超過分配金は、本来物件の改修や修繕に充てられるべき『減価償却費』の一部が配当に回されているものになります。

制度で定められている分配金ですので、タコ配当という訳ではないのですが、個人的には減価償却費分まで分配に回さなくても良いのでは?と思えてなりません。一般の投資家からすると、減価償却分を留保するのであればその分分配してよ!という声の方が大きいというのはわかるんですけどね。

[3308]日本ヘルスケア投資法人から分配金をいただきました。

さて、今回は[3308]日本ヘルスケア投資法人から1口あたり4,295円の分配金をいただきました。このうち、1口あたり800円は利益超過分配金となっています。保有口数は3口でありまして、法人での源泉徴収税を差し引いた後の受け取り金額は11,280円ということになりました。なお、2016年9月1日現在の[3308]日本ヘルスケア投資法人の分配利回りは4.6%前後となっています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ