地味な独立系のシステム会社ながら、配当利回りは4%前後です。[3817]SRAHDから1Qの株主通信をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

地味な独立系のシステム会社ながら、配当利回りは4%前後です。[3817]SRAHDから1Qの株主通信をいただきました。

SRAHD 株主通信のハガキ

[3817]SRAHD 株主通信のハガキ:今回は、独立系のシステム開発会社である[3817]SRAホールディングスから同社の第1四半期の株主通信をハガキの形式でいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

最近は株価が全体的に上がっているので新規ではあまり購入しなくなったのですが、以前は同社のようなシステム開発系の会社は不景気の中で業績が意外に踏みとどまっているのに、株価は他の銘柄と同様にドーンと下がってしまっておりまして、結果的に高配当という所が多かったんですよね。

この系統の銘柄は、景気が悪くなれば当然影響は受けてしまうのですが、そうであってもIT系の投資というものは今やインフラに近いものと言っても過言ではないと思いますので、急に投資を0にする訳にはいかないと思うのです。そういう考えから、不景気で全体的に株価が下がる場面では積極的に買いたい業種ですね。

SRAHD 第1四半期の業績

[3817]SRAHD 第1四半期の業績:さて、今回は[3817]SRAHDの第一四半期時点での業績がハガキに掲載されていました。売上高ベースでは前年度比で+発進しているものの、経常利益ベースでは前年同期比でマイナスとなってしまっていますね。これは為替差損の影響によるものだそうです。同社は海外売り上げ比率が1割弱とはいえ、円高の影響は0という訳ではないんですね。

SRAHD 配当の方針

[3817]SRAHD 配当政策について:[3817]SRAHDの配当政策についてご紹介します。今回のハガキには明記されていなかったのですが、ここ数年の同社は配当性向50%程度を志向しておりまして、業績が向上している事から過去2年間は連続増配、今年もその増配を継続する見込みとなっています。その分株価もあがってしまってはいるのですが、配当水準の伸びも大きい事から配当利回りは依然4%近い水準となっていますね。

SRAHD[3817]の主要指標(2016年8月30日現在)

■ PER:12.95倍(予想)
■ PBR:1.41倍(実績)
■ ROE:2.5%(実績)
■ 配当利回り:3.88%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:128.0→168.1→136.3→38.4→169.3(2017/03予想)
■ 直近5期の配当推移:45(記)→40→55→70→85(2017/03予想)

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ