[1677]上場インデックスファンド海外債券毎月分配から分配金。個人口座・法人口座を併用した税金節約!?テクニックもご紹介します。 - 高配当株で配当金生活

[1677]上場インデックスファンド海外債券毎月分配から分配金。個人口座・法人口座を併用した税金節約!?テクニックもご紹介します。


※ 上記の投資口価格チャートはヤフーファイナンスから引用

[1677]上場インデックスファンド海外債券毎月分配 過去2年間の投資口価格チャート:今回は、海外の主要先進国の債券に投資しているETF[1677]上場インデックスファンド海外債券毎月分配をご紹介することにしたいと思います。

毎月分配型であるがために、月に1回はブログに登場してしまうこの商品。実は、今までこの銘柄は法人口座で保有していたのですが、今月から個人口座に移動しています。上記のチャートでご紹介しているように、最近は投資口価格が下落傾向にあるので、損切りをして個人口座に移動しているんですよね。

赤字を確定させつつ口座間を移動させるというのは、私の投資では良くある手法です。なぜわざわざ面倒な事を?と疑問に思う方もいらっしゃると思うのですが、これは法人口座では赤字を9年まで繰り越しできるため、法人で赤字を作れる時はガンガン赤字にしてしまおうという方針であるためなんですよね。

この赤字は配当金や将来の株式売却益とも相殺できるので、9年もあればチャラにできると考えています。なお、来年2017年からはこの欠損金繰越制度が10年に延長されるそうですね。ただ、会社を赤字にしてしまうと良い事ばかりとは言い切れませんで、その1つに『赤字会社の社長は住宅ローンが組めない』という罠があります。住宅ローンを組む予定の方はご注意くださいね。

[1677]上場インデックスファンド海外債券毎月分配から分配金です。

さて、今回は[1677]上場インデックスファンド海外債券毎月分配から1口あたり138円の分配金をいただきました。今回の権利確定時の保有口数は60口でありまして、個人での源泉徴収税20.315%を差し引きしますと、実際に受け取った分配金の金額は6,597円ということになりました。なお、2016年8月26日現在での実績分配利回りは3.3%程度となっています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ