大手ネット証券海外ETF保有残高で6位入賞の人気高配当ETF。[PFF]iシェアーズ米国優先株式ETFから分配金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

大手ネット証券海外ETF保有残高で6位入賞の人気高配当ETF。[PFF]iシェアーズ米国優先株式ETFから分配金をいただきました。

PFF チャート
※ 上記のチャートはグーグルファイナンスの公式ウェブサイトから引用

[PFF]iシェアーズ米国優先株式ETF 過去5年間の投資口価格の推移:今回は、アメリカの優先株式という投資商品に対して幅広く投資するETFである[PFF]iシェアーズ米国優先株式ETFから分配金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

日本の会社法における優先株の定義:優先株式(ゆうせんかぶしき)とは、利益もしくは利息の配当または残余財産の分配およびそれらの両方を、他の種類の株式よりも優先的に受け取ることができる地位が与えられた株式である(会社法108条1項1・2号)・・Wikipediaより引用

優先株式というちょっとややこしい商品に投資する商品である[PFF]iシェアーズ米国優先株式ETF。信託報酬も0.47%と、この系統のETFにしては決してコストパフォーマンスが良いという訳ではありませんので、もろ手を上げてオススメできるという商品でもないと思うのですが、その見た目の分配利回りの高さから個人投資家の人気を集めている商品のようです。

先日、週刊誌の日経ヴェリタス8月21日号で海外ETFの特集記事があったのですが、この中で大手ネット証券3社で残高の多い海外ETFのランキングが紹介されていました。1位はインデックス投資を行う方には定番のETFである[VT]バンガード・トータル・ワールド・ストックETFだったのですが、そこから少し下の6位に[PFF]iシェアーズ米国優先株式ETFがランクインしているんですよね。決してベタな商品に投資する訳ではない系統の商品としては、大健闘ではないかと思うのです。

[PFF]iシェアーズ米国優先株式ETFから分配金です。

さて、[PFF]iシェアーズ米国優先株式ETFから1口あたり0.179242$の分配金をいただきました。保有株数は1,475口でありまして、個人での源泉徴収税を差し引いた後でいただいた配当金の金額は201.97$ということになりました。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせますと、実際に受け取った配当金の金額は20,288円です。なお、2016年8月22日現在の[PFF]iシェアーズ米国優先株式ETFの分配利回りは5.6%前後となっています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ