ひふみ投信の口座開設が完了しました。ポストに投函してからわずか6日目に郵便到着!これは早いですよね。 - 高配当株で配当金生活

ひふみ投信の口座開設が完了しました。ポストに投函してからわずか6日目に郵便到着!これは早いですよね。

2012年8月の当ブログでの10大ニュースにランクインした、さわかみ投信の毎月5万円の積み立てを中止したこと、もう積み立てを中止した投資信託の事は書きませんので、これからは前を向いて歩んで行きたいと思います。

さて、代わりに積み立てを開始することにしたひふみ投信は、2012ファンド大賞 国内株式部門受賞を受賞した投資信託になりまして、詳しくは過去の積み立て申込時の記事を読んでいただいた方が分かりやすいかもしれません。

この、レオスのひふみ投信は、とにかく直近の好パフォーマンスが自慢なのですが、直近が好パフォーマンスだからと言って、今後も好パフォーマンスとは限らない事には注意が必要ですよね。

例えば、ここにひふみ投信(青線)と日経平均(赤線)の比較チャートを2枚並べています。コレを見ると、左はひふみ投信が大きく上回っているのに、右側だと最終結果は日経平均とそれほど変わりがありません。これは、実は左側が2年チャートで右側が1年チャートなんですよね。つまり、過去2年の成績は良かったけれども、直近の1年だけみると手放しで喜ぶほどの好パフォーマンスではないということになります。

ただ、レオスのひふみ投信がアクティブファンドとしては面白い運用である事は確かですので、ディフェンシブな運用の私としては勉強させていただくつもりで、毎月積み立てながら、運用報告書を読むのを毎月の楽しみにして行きたいと思っています。

ポストに投函してから、口座開設までは超ハイスピードでした。

簡易書留で届きました

さて、レオスのひふみ投信の口座開設資料は手元のメモによると、8月20日にポストに投函していたのですが、その後8月25日の朝に簡易書留にて口座開設完了の資料が届きました。せっかく、こんなに超速で対応してくれているのに、その簡易書留を開封したのが今日9月1日というのが、私の杜撰な性格を表していますよね。レオスのひふみ投信さん、ごめんなさい・・・。

最初の挨拶

封筒を開けると代表の藤野さんの挨拶がドーンと載っていました。直近の1年のパフォーマンスはイマイチかもしれませんが、「下がりそうな時は思い切って現金化します」なんて運用はうまくハマれば大きいですし、上場直後のワイヤレスゲート[9419]の売買もありました。こんな感じで、投資家をワクワクさせてくれるような運用に今後は期待していきたいと思っています。

なお、口座開設と一緒に毎月の定期定額引き落としの申込をしていたのですが、なんと初回の引き落としは11月5日なんだそうです。意外に遅いものなんですね。私の予想ではもうちょっと早く10月にはスタートするのではないかと思っていたので、意外でした。それまでスポットで購入しても良いんですけど、面倒そうなのでレオスのひふみ投信デビューは、11月まで待つ事にしたいと思います。

なお、ひふみ投信には投資家向けのwebページも準備されているのですが、このwebページで毎月の積立金額の変更も機動的に出来るようです。他社でも電話すればすぐに変えられる事ですけど、電話をしなくてもウェブでパッと入力するだけで金額を変更できるというのはウレシイことですよね。

さわかみ投信の代わりに積み立てをはじめる予定の投資信託

■ セゾン投信セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
■ ひふみ投信月々1万円からの資産形成ひふみ投信
両社とも、2口座とも開設の申込終了。ひふみ投信は11月5日からの積み立て開始となりました。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.