株式でありながら債券的要素を持つ優先株式ETF。分配利回り5%台後半の[PFF]iシェアーズ米国優先株式ETFから分配金です。 - 高配当株で配当金生活

株式でありながら債券的要素を持つ優先株式ETF。分配利回り5%台後半の[PFF]iシェアーズ米国優先株式ETFから分配金です。

PFF チャート
※ 上記のチャートはisharesの公式ウェブサイトから引用

[PFF]iシェアーズ米国優先株式ETF 過去1年間のファンドの実績:今回は、アメリカの優先株式という投資商品に対して幅広く投資するETFである[PFF]iシェアーズ米国優先株式ETFから分配金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

[PFF]iシェアーズ米国優先株式ETFは、2016年7月20日現在で294もの優先株式に分散投資を行っています。そもそも優先株式というのは何だろう?と疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、一般的に投資をするに当たっては『それなりに高めの配当が固定でゲットできる事の多い株式』という認識で良いのではないかと思います。

受け取る事のできる配当金が予め決まっている事も多い事から、株式でありながら債券的な性格を持つを言われる事の多い優先株式。本当は投資商品としては結構ややこしい類いのものだと思うのですが、見た目の分配利回りの高さもあってか当ブログ内のみならず、ネット証券の販売ランキングを見ても人気のETFのようです。

さて、上でご紹介しているチャートは[PFF]iシェアーズ米国優先株式ETFの過去1年間の実績です。世界的なETFシリーズであるiシェアーズシリーズは非常にうまく運用を行っているというイメージなのですが、[PFF]iシェアーズ米国優先株式ETFについては過去1年間で対象インデックスと投資口価格が0.8%強ずれてしまっていますね。

[PFF]iシェアーズ米国優先株式ETFの信託報酬が年率で0.47%ですので、それを差し引いても0.35%ほどの差が残っているという事になります。やる気があるのか分からないような国内の一部のETFに比べるとほとんど気にしなくても良い差ではあるのですが、利回り商品で0.3%台の差が残ってしまうのは気になってしまうという方もいらっしゃるかもしれませんね。

[PFF]iシェアーズ米国優先株式ETFから分配金です。

PFF 分配金

さて、[PFF]iシェアーズ米国優先株式ETFから1口あたり0.173349$の分配金をいただきました。保有株数は1,475口でありまして、個人での源泉徴収税を差し引いた後でいただいた配当金の金額は195.90$ということになりました。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせますと、実際に受け取った配当金の金額は20,740円です。なお、2016年7月22日現在の[PFF]iシェアーズ米国優先株式ETFの分配利回りは5.7%前後となっています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ