株主優待銘柄でありながら、実は高配当がメインの銘柄です。[9936]王将フードサービスから株主優待券と期末の配当金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

株主優待銘柄でありながら、実は高配当がメインの銘柄です。[9936]王将フードサービスから株主優待券と期末の配当金をいただきました。

今回は、配当金生活のポートフォリオの『国内株式クラス』で保有している銘柄のうち、配当金&株主優待のどちらにも期待している銘柄である[9936]王将フードサービスから2016年3月に権利確定した分の株主優待券と、期末の配当金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。


スポンサーリンク

[9936]王将フードサービス 台湾に進出です

さて、2017年4月のニュースとして、[9936]王将フードサービスが台湾の高雄に1号店を出店することが報じられました。場所は、市内の中心部からほど近い『漢神アリーナショッピングプラザ』です。地下鉄の駅のスグ目の前にある便利なデパートへの出店ですね。

この百貨店は日本語読みで『はんしん』となるのですが、なんとビックリな事に日本の阪神百貨店も出資している提携百貨店なのです。ちなみに、気になるお値段は餃子6個が75元(280円程度)とのこと。地元、台湾の水餃子チェーンだとその半額以下で食べられる中、日本の餃子という事でブレイクできるのか注目ですね。

過去記事:台湾・高雄の旅行記

参考にした台湾高雄在住日本人イッセイさんのブログ記事

[9936]王将フードサービス 2016年3月権利確定分株主優待券

王将フードサービス 2016年3月権利確定分株主優待券

昔はほぼ関西ローカルの知名度だった同社の『餃子の王将』は最近は知名度という面から考えると全国区となったのではないでしょうか。また、以前はパッとしない業績が長く続いていたのですが、最近の同社は以前の業績推移から考えると信じられないくらいの堅実な企業に化けてしまいました。

さて、私は[9936]王将フードサービスの株式を100株保有していますので、今回は同社の店舗で利用できる優待食事券を1,000円分いただきました。同社の最低投資単位が40万円台(2017年1月下旬現在)でこの優待金額は少なすぎるのでは?というツッコミもあろうかと思いますが、実は同社は配当水準もソコソコでありまして、株主還元としてはそっちがメインということになるんですよね。

[9936]王将フードサービスの株主優待 (3月9月/年2回)

京都王将の優待食事券
■ 100株以上:1,000円相当
■ 200株以上:1,500円相当
■ 500株以上:3,000円相当
■ 1000株以上:6,000円相当
※ 株主向け5%割引カードも合わせていただけます。(9月のみ)

[9936]王将フードサービスから配当金をいただきました。

9936 王将フードサービス 配当金

さて、今回は[9936]王将フードサービスから1株あたり65円の配当金をいただきました。保有株数は100株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は5,505円ということになりました。

以前は個人+法人合わせて400株まで保有する事のあった[9936]王将フードサービスの株式。今でも私自身は王将信者ですので、いずれは買い戻しを行いたいと思っているのですが、思った以上に延々と株価が堅調なので、未だに買い戻しを行う機会がありません。目安としては、配当利回り4%程度で買いたいと思っているんですけどね。

[9936]王将フードサービス 銘柄解説ページ

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.