東北地方を中心に『イエローハット』『TSUTAYA』などのFCを展開。JCBギフトカードの優待銘柄[3190]ホットマンから株主通信です。 - 高配当株で配当金生活

東北地方を中心に『イエローハット』『TSUTAYA』などのFCを展開。JCBギフトカードの優待銘柄[3190]ホットマンから株主通信です。

ホットマン 第42期株主通信

[3190]ホットマン 第42期株主通信:今回は、東北地方を中心としてイエローハットなどのFC事業を営んでいる企業である[3190]ホットマンから株主通信をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

他社のFCに加入するというのは、個人的には立派なビジネスだとは思うのですが、人によっては『FC事業だけで上場できるの?』と疑問に思ってしまう方もいらっしゃると思います。このようなタイプの企業で、成長・増配・小型株と言えば[3177]ありがとうサービスが有名だと思うのですが、[3190]ホットマンの方は成長・増配中の企業とは言えないためか、株価自体は低迷してしまっていますね。

以前は、この両社とも株主だった私は、株価の上がっている方の[3177]ありがとうサービスを売却して、[3190]ホットマンの方はむしろ買い増しという戦略に出てしまい、むしろ損害を広げるという残念な結果になってしまいました。逆張り好きの私としては、良くあるオチではあるんですけどね。

ホットマンの主要事業

[3190]ホットマンの主要事業:さて、[3190]ホットマンがFC展開している主要な事業は上記の画像のようになります。メインで展開しているのは前述のようにイエローハットでありまして、こちらが全体の8割近い85店舗ということになりますね。その他はいずれも10店舗以下の展開となっていますが、中期的には300店舗を目指すという目標になっているので、これらの中から収益性の高いブランドは拡大していくのではないかと思います。

[3190]ホットマンの株主優待(9月 年1回)

JCBギフトカード
■ 100株以上:1,000円分
■ 300株以上:2,000円分
■ 1,000株以上:3,000円分
※ 6カ月以上継続保有(3月および9月の株主名簿に同一株主番号で連続2回以上記載)した株主のみ贈呈します。

3190 ホットマン 株主優待

ホットマン[3190]の主要指標(2016年7月13日現在)

■ PER:21.95倍(予想)
■ PBR:0.60倍(実績)
■ ROE:3.5%(実績)
■ 配当利回り:2.07%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:111.2→93.1→13.9→28.0→22.0(2017/03予想)
■ 直近5期の配当推移:10→10→10→10→10(2017/03予想)

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ