おにぎり・弁当で有名な大証2部銘柄、[2903]シノブフーズから1000株分の配当金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

おにぎり・弁当で有名な大証2部銘柄、[2903]シノブフーズから1000株分の配当金をいただきました。

今回ご紹介するシノブフーズは、大阪の西淀川区に本社をおく「おにぎり・弁当」などに注力している会社でして、関西ではスーパーなどでここの会社が製造しているおにぎりや弁当を見かける事が良くあると思います。実際は、会社四季報によるとファミリーマート向けの出荷が多いようですね。株主報告書の資料によると、カバーしているエリアは南東北から中国・四国地方までの範囲のようです。関西の会社かと思っていたのですが、意外にエリアは広いんですね。

[2903]シノブフーズから1000株分の配当金です。

シノブフーズ

さて、シノブフーズからは1株あたり4.5円の配当金をいただきました。保有株数は1,000株でして、法人での源泉徴収税である7%を差し引きしますと、実際に受け取った金額は4,185円となりました。また、このシノブフーズには株主優待もあります。実家に届くようにしているので、実物は見た事がないのですが、毎年両親に喜んでいただいている好評の株主優待です。

[2903]シノブフーズの株主優待(3月/年1回)

  • 5,000円相当ののり詰合せ:1,000株以上

[2903]シノブフーズは、営業利益ベースでは、2009年3月期(6.4億円)から2014年3月期見込み(9.4億円)までほぼ一貫して増益の傾向にあり、配当金もこの間に7円からちょっと増配して9円となっています。1株利益は30円前後あるので、まだ増配余地はあるのですが、1,000株保有時の配当金+優待の受け取り金額は14,000円になりますので、株価280円前後の現状でも実質配当利回りは5%前後という事になりますね。

また、こういったおにぎり・惣菜パン・弁当の需要は急に増減する事はないと思います。そう思うと、配当金生活にはふさわしい銘柄の一つと言えるのではないでしょうか?

そんな[2903]シノブフーズの株価なのですが、私の保有銘柄の中では珍しく、最近の業績好調を素直に反映して、最近の株価は直近の5年では高値圏にある状況です。指標的には、PER10.04倍・PBR0.45倍・配当利回り3.18%と保有銘柄の中で特に安いという訳ではないのですが、両親がのりの優待を気に入っているようですし、当面は売買することなく、今の1,000株をホールドして行きたいと思っています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.