配当性向50%に向けてガンガン増配中。システム開発中心で4%台の高配当利回り株[3817]SRAホールディングスから株主通信です。 - 高配当株で配当金生活

配当性向50%に向けてガンガン増配中。システム開発中心で4%台の高配当利回り株[3817]SRAホールディングスから株主通信です。

SRAHD 2016年3月期株主通信

[3817]SRAHD 2016年3月期株主通信:今回は、独立系のシステム開発会社である[3817]SRAホールディングスから同社の2016年3月期株主通信をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

元々ネット通販の会社をやっていたのに、正直な所コンピュータの事はよく分からない私ですが、それはともかくとして今の社会は情報システムとは切っても切りはなせない関係にあり、この系統の会社の需要は景気の善し悪しに関わらず、一定量はキープできると思って、普段から注力して投資を行っています。

以前の[3817]SRAホールディングスは、配当推移(後述)も業績推移もまったりとした会社だったのですが、最近は配当性向50%を掲げた事により、配当水準が一気に高まって来ました。その分株価も上がっているので、配当利回りが高まっている訳ではないのですが、昔からの株主としてはウレシイ限りですよね。

3817 SRAHD 期末配当金

[3817]SRAHD 配当金の推移:その[3817]SRAHDの配当金の推移をもう少し詳しく見ておきたいと思います。上記に示しているように、2008年3月期以降は基本的に40円配当が続いていた同社。リーマンショック以降の株式市場がイマイチだった頃は株価も800円程度でしたので、40円の配当でも十分なほどの高配当利回り銘柄でした。さて、最近は3年連続の増配で一気に配当水準が倍になりましたが、今度はこの水準をキープできるかに注目しておきたいですね。

SRAHD[3817]の主要指標(2016年7月8日現在)

■ PER:11.90倍(予想)
■ PBR:1.35倍(実績)
■ ROE:2.5%(実績)
■ 配当利回り:4.08%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:128.0→168.1→136.3→38.4→175.2(2017/03予想)
■ 直近5期の配当推移:45(記)→40→55→70→85(2017/03予想)

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ