サッカー教室の大コケで業績も大コケ。5%台の高配当は維持できるか!? 塾銘柄の[4705]クリップコーポレーションから期末配当金です。 - 高配当株で配当金生活

サッカー教室の大コケで業績も大コケ。5%台の高配当は維持できるか!? 塾銘柄の[4705]クリップコーポレーションから期末配当金です。


※ 上記の画像は[4705]クリップコーポレーションのトップページから引用

今回は、愛知県を本拠地に学習塾・サッカー教室などを展開している[4705]クリップコーポレーションをご紹介することにしたいと思います。少子化が叫ばれるようになって久しい昨今ですけれども、それでも中にはきちんと成長を続けている学習塾系の銘柄もありまして、また『今更感』のある業種だからか、割安放置・高配当利回り銘柄が多い業界でもありますね。

さて、[4705]クリップコーポレーションも例外ではありませんで、配当利回りは5%台の超高配当銘柄となっています。ただ、同社の場合は業績も大コケとなってしまっていまして、特に主要事業の1つであるサッカースクールの売上が前年度比21%もの減少となっています。サッカー人気が以前よりも落ちてしまっているということなんでしょうかね!?メインの学習塾の方も減速しており、将来がやや心配であります。

[4705]クリップコーポレーションから配当金です。

4705 クリップコーポレーション 配当金

さて、今回は[4705]クリップコーポレーションから1株あたり50円の配当金をいただきました。保有株数は200株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は8,405円ということになりました。

以前は最大で400株保有していた[4705]クリップコーポレーションの株式ですけれども、業績がかなりイマイチ目に推移している事もあり、減配の可能性も考えて保有株数は200株へと減らしました。今後はしばらく様子見としたいと思いますが、これからも業績減速が続き、ついに減配という日がくれば損切りも視野に入れなければならないかもしれませんね。

クリップコーポレーション[4705]の主要指標(2016年6月30日現在)

■ PER:18.76倍(予想)
■ PBR:0.66倍(実績)
■ ROE:3.2%(実績)
■ 配当利回り:5.49%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:126.9→105.2→77.3→44.6→48.5(2017/03予想)
■ 直近5期の配当推移:40→50→50→50→50(2017/03予想)

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ