連続増配記録継続中も株価の伸び悩みで配当利回りはついに夢の4%台に突入です。 [8096]兼松エレクトロニクスから期末報告書です。 - 高配当株で配当金生活

連続増配記録継続中も株価の伸び悩みで配当利回りはついに夢の4%台に突入です。 [8096]兼松エレクトロニクスから期末報告書です。

兼松エレクトロニクス 第48期報告書

[8096]兼松エレクトロニクス 第48期報告書:今回は、老舗商社の[8020]兼松の傘下の会社で、ITシステム開発・保守を手がける[8096]兼松エレクトロニクスから第48期の報告書をいただきました。同社は、決して派手なペースで成長している訳ではないのですが、毎期のように地味に増益・増配を繰り返してくれています。2011年3月期には40円だった配当は徐々に増配を繰り返し、前期2016年3月期には75円に。今期も増配継続なるかに注目です。

兼松エレクトロニクス 過去の配当水準

[8096]兼松エレクトロニクス 過去の配当水準:さて、[8096]兼松エレクトロニクスの配当性向は概ね5割程度で安定しておりまして、今後も『安定的な継続配当を行う』事を基本方針としています。今期、2017年3月期は前期比ヨコヨコの75円配当の予想となっているようですが、最近は毎期期末の恒例行事として結果的には5円〜10円の増配という傾向が続いています。今期も最低80円配当くらいは行われるのではないかと期待したいところですね。

[8096]兼松エレクトロニクスの主要指標(2016年6月23日現在)

■ PER:11.90倍(予想)
■ PBR:1.36倍(実績)
■ ROE:10.9%(実績)
■ 配当利回り:4.10%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:107.0→100.6→122.2→145.2→153.7(2017/03予想)
■ 直近5期の配当推移:50→55→65→75→75(2017/03予想)

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ