リート・国内債券・その他マネー関係2016年4月の人気記事ランキング。今月の1位は『ついに家族も投資家デビューで優待1.5倍へ』の記事でした。 - 高配当株で配当金生活

リート・国内債券・その他マネー関係2016年4月の人気記事ランキング。今月の1位は『ついに家族も投資家デビューで優待1.5倍へ』の記事でした。

今回の記事ではいつもの記事と趣向を変えて、2016年4月に高配当株で配当金生活のブログ内で注目を集めた国内高配当銘柄・株主優待銘柄・海外株式・海外債券以外のリート・国内債券・その他マネー関連の記事のトップ10をご紹介することにしたいと思います。

先月のリート・国内債券・マネー関係の記事トップ5のまとめ

1位:ひさしぶりのリバランス売買(その他の記事)
2位:ジャパンネット銀行 外貨預金(その他の記事)
3位:[8951]日本ビルファンド(国内リート)
4位:めんたいパーク神戸三田(旅行の記事)
5位:[8952]ジャパンリアルエステイト(国内リート)

先月2016年3月の『リート・国内債券・マネー関係』の記事の中で最もアクセス数が多かったのは、リバランス売買に関する記事でした。ポートフォリオの資産比率を見ながら、ほぼ機械的に売買する事と決めているので短期的に下がっている時は株式買い・上がっている時は株式売りのリバランスをする事の多い私。最近は年単位の一方的な下げはないので、こういうリバランスは大抵報われている気がしますね。今後も報われるとは限りませんけどね。

当ブログのリート・国内債券・マネー関係人気ランキングトップ10について

当ブログの人気の二大系統のコンテンツと言えば『国内の高配当株式』『株主優待銘柄』でありまして、読者の皆様も私のブログにはこの2系統の記事を期待しているという方が多いのではないでしょうか!?そもそも、このブログのタイトルが『高配当株式で配当金生活』なので致し方ない部分もあると思うのですが・・・・。

しかしながら、配当金生活のポートフォリオに占める『国内株式』の割合は全体の18%にしか過ぎず、それ以外の『海外株式』『国内債券』『海外債券』『リート』などの割合が残り82%も占めているのです。

このうち『海外株式+債券』については別途ランキング記事を執筆していますので、今回の記事では『国内債券』『リート』『旅行関係』『その他マネー関係』の記事のうち、過去1ヶ月間の間に多くの読者の方にご覧いただいたものをランキング形式でご紹介することにしたいと思います。投資じゃないやん!というものも混ざっているランキングなのですがあくまで『その他』のランキングなので、ご了承いただければと思います。

なお、今回のランキングは当ブログの2016年3月27日から2016年4月26日までのアクセス数を元に作成しています。ランキングをチェックしていただき、もし興味がある銘柄・サービスなどがございましたら、元の記事もチェックしていただければ幸いでございます。具体的な内容のご紹介は各個別の記事で行っています。

下記の人気記事ランキングトップ10も合わせてご覧ください(月1更新)

国内高配当株式 人気記事ランキングトップ10
国内株主優待銘柄 人気記事ランキングトップ10
海外株式・海外債券 人気記事ランキングトップ10

第10位:[8957]東急リアル・エステート投資法人(国内リート)

昭和50年代の物件を売却してきっちり売却益を計上予定。[8957]東急リアル・エステート投資法人から分配金をいただきました。

第9位:[3269]アドバンス・レジデンス投資法人(国内リート)

安定した業績・分配金推移が魅力的な国内No.1の住宅系リート。[3269]アドバンス・レジデンス投資法人から分配金と資産運用報告書です。

第8位:米国会社四季報最新刊発売(その他の記事)

米国株投資のバイブル『米国会社四季報』最新刊発売 / 米国大手・高配当電力株の[SO]サザンから四半期配当をいただきました。

第7位:[3249]産業ファンド投資法人(国内リート)

増資マジックの効果でその分配水準は6年で約2倍へ。[3249]産業ファンド投資法人から資産運用報告書と分配金をいただきました。

第6位:[3292]イオンリート投資法人(国内リート)

当ブログでは初登場。今や商業施設というより生活インフラ!? [3292]イオンリート投資法人から分配金と資産運用報告書です。

第5位:SBIHD社債(国内債券)

SBIホールディングス株式会社第8回無担保社債の抽選申込を受付中 / 第39回ソフトバンクグループ社債から利金です。

第4位:[3296]日本リート投資法人(国内リート)

後発ながら5%近い分配利回りがソコソコ魅力的なオフィスリート。[2768]双日系の[3296]日本リート投資法人から分配金です。

第3位:[8967]日本ロジスティクスファンド(国内リート)

個人的には国内リートの中で最も良心的な銘柄の1つ!? [8967]日本ロジスティクスファンドから分配金をいただきました。

第2位:ロサンゼルス旅行まとめ記事(旅行関係の記事)

2014年1月『ANAHD[9202]のファーストクラスで行くロサンゼルス旅行記』全22記事の人気ランキング及びまとめ記事になります。

第1位:リバランスを兼ねて家族も優待投資家デビュー(その他の記事)

株価が全体的に下がって来たのでリバランスを兼ねて家族も優待投資家デビューへ。メジャーな優待銘柄については個人+法人+家族の3名義体制で臨みます。

ということで、今月のランキングの1位も毎月恒例となっているポートフォリオのリバランスで売買を行ったという記事でした。ただ、今回については株式の名義人を2名義から3名義に増やしたという点では普段のリバランスよりも意義は大きいのではないかと思います。厳密には、もう1名義分は家族の株式なので万一の時は自分の分にならないのですが、それでも万一のことはそうそうないと思いますので、今後形式上はポートフォリオに含めて計算することにします。

さて、今月は久しぶりに2位に『ロサンゼルス旅行まとめ記事』がランクインしています。このコーナーで昔の記事が上位に入るのは珍しく、もしかすると何らかの検索ワードで大量に検索された可能性がありますね。その辺り、調べようと思えば調べられるのですが、調べたからといってそこから何か役に立つ事が得られる訳でもないので、過度には気にしないようにしたいと思います。

2016年4月 リート・国内債券・マネー関係の記事トップ10のまとめ

1位:リバランスを兼ねて家族も優待投資家デビュー(その他の記事)
2位:ロサンゼルス旅行まとめ記事(旅行関係の記事)
3位:[8967]日本ロジスティクスファンド(国内リート)
4位:[3296]日本リート投資法人(国内リート)
5位:SBIHD社債(国内債券)
6位:[3292]イオンリート投資法人(国内リート)
7位:[3249]産業ファンド投資法人(国内リート)
8位:米国会社四季報最新刊発売(その他の記事)
9位:[3269]アドバンス・レジデンス投資法人(国内リート)
10位:[8957]東急リアル・エステート投資法人(国内リート)

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ