当ブログ内『海外の銘柄ランキング』2ヶ月連続PV数1位の人気銘柄。6%台の分配が魅力の[PFF]米国優先株式ETFから分配金です。 - 高配当株で配当金生活

当ブログ内『海外の銘柄ランキング』2ヶ月連続PV数1位の人気銘柄。6%台の分配が魅力の[PFF]米国優先株式ETFから分配金です。

以前から日本経済新聞にたびたび広告を出している証券会社の『エイチ・エス証券』。ネット上で投資関係のことを色々と検索していると、ネット上でも度々広告が表示されますので、広告には非常に熱心な会社なのではないかと思います。以前から利回りの高くある意味『チャレンジング』な債券の広告が多く、私自身はお世話になる事はないものの、取扱い商品としては面白い品揃えの証券会社だとは思いますね。

SBI証券
※ 上記の表はエイチエス証券のウェブサイトから引用(数字は4/26現在)

さて、そんな『エイチ・エス証券』で最近力を入れて販売しているように見えるのが『米ドル建優先株預託証券』です。上記は1週間前の数字なので、興味のある方は同社のウェブサイトで最新の数字をご確認いただきたいのですが、それはそれとしてこの天下のJPモルガンの『米ドル建優先株預託証券』はなんとビックリの5%の利回りなんですよね。

米国は先進国の中では債券の利回りが相対的に高い方でありまして、投資適格の社債でも3%程度の分配利回りが通常であることから、このJPモルガンの『米ドル建優先株預託証券』の利回りが5%だと言っても実は腰を抜かすほどビックリする数字ではないのですが、それでも5%というとインパクトのある数字に思えますよね。

優先株式(ゆうせんかぶしき)とは、利益もしくは利息の配当または残余財産の分配およびそれらの両方を、他の種類の株式よりも優先的に受け取ることができる地位が与えられた株式である(会社法108条1項1・2号)。※ Wikipediaから引用

さて、今回はそんな『優先株式』に投資する米国上場のETFである[PFF]米国優先株式ETFをご紹介することにしたいと思います。国内でも会社法の規定により、発行を認められている種類株式の1つである『優先株式』。国内で優先株という場合は、基本的には『配当』『会社解散後の財産分配』のいずれか、もしくは両方が優先される事を言うのですが、投資商品としての優先株は基本的に『配当が優先』であると考えてしまって差し支えないと思います。

また『優先株式』というのはあくまで『株式』ではあるのですが、記事の冒頭で紹介した商品のように予め『ほぼ配当が確定』している商品も多い事から債券的な性格をもつ商品であると言われています。そういう商品なので、その値動きはまるで債券かのような安定した推移になるのが通常なんですよね。

PFF 株価チャート
※ 上記の株価チャートはグーグルファイナンスから引用

[PFF]米国優先株式ETF 過去5年間の株価チャート:さて、普段は株価がまったり値動きする事が特徴の[PFF]米国優先株式ETF。上記の過去5年のチャートを見てみると、概ね1口あたり36$から40$程度の狭い値動きが続いている事がわかるのではないかと思います。ただ、優先株式を発行しているのは金融株が多いため、金融関係でゴタゴタがあるとその投資口価格が大きく下落する傾向にあります。今年年初の下げは『ドイツ銀行ショック』が影響していたのかもしれませんね。

[PFF]米国優先株式ETFから分配金をいただきました。

PFF 分配金

さて、今回は[PFF]米国優先株式ETFから1株あたり0.192217$の分配金をいただきました。保有株数は1,475株でありまして、各種税金を差し引きしますと実際に受け取った分配金の金額は216.19$でした。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせますと、23,962円を受け取った事になります。

[PFF]米国優先株式ETFはその分配利回りが高い事から、当ブログ内ではPV数上位の銘柄の常連となっています。この記事を執筆している2016年4月26日の段階で、過去1年間の分配利回り6.3%程度と怪しい商品か!?と思えてしまうほどの利回りとなっていますね。それでいて、平時であれば株価の動きも小さい訳ですから配当金生活向きの銘柄と言えますね。ただ、金融恐慌の時は大コケになる可能性がある、という事だけは覚悟しておく必要がありますけどね。

米国個別株式デビューには、マネックス証券が個人的にオススメです。

資産運用始めるなら!マネックス証券
■ 他大手ネット証券より安い手数料
■ 特定口座対応で確定申告の煩わしさなし
■ 私も外国株・外国債券取引で愛用中


この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ