個人的には安心して保有出来る米国No.1かつ配当利回り4%台の電力株。[DUK]デューク・エナジーから四半期配当金です。 - 高配当株で配当金生活

個人的には安心して保有出来る米国No.1かつ配当利回り4%台の電力株。[DUK]デューク・エナジーから四半期配当金です。

以前、私の米国株投資のメインとなっていた銘柄は世界の公共事業系の銘柄にまとめて投資する[JXI]iシェアーズグローバル公共事業ETF(現在も保有は続けています)でした。基本的に業績安定・高配当の銘柄を志向する私は、どうしても投資のメインが公共事業になってしまうというのは仕方ない事ですね。ただ、この銘柄は良いETFではあるものの、その運用報酬にあたる信託報酬を年0.47%払い続けるのはもったいないのかなと思い、最近はこのETFの保有上位銘柄を個別で購入するように努めています。

さて、今回は2016年4月現在で[JXI]iシェアーズグローバル公共事業ETFの組み入れ上位2位であり、アメリカ大手の電力株の一角である[DUK]デューク・エナジーから四半期配当金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

デューク・エナジー
※ 上記画像は[DUK]デューク・エナジーの公式ウェブサイトから引用

さて、今回の記事でご紹介する[DUK]デューク・エナジーは米国No.1の電力株と言っても過言ではありません。売上高を基準にすると同じく私の保有株である[EXC]エクセロンの後塵を拝してしまうのですが、収益性は[DUK]デューク・エナジーの方が良いためか、時価総額では[DUK]デューク・エナジーが米国内No.1の電力株となっています。米国でどこか1社電力株を持つというのであれば、同社が一番安心して保有出来るのかもしれませんね。

DUK 株価チャート
※ 上記株価チャートはグーグルファイナンスの公式ウェブサイトから引用

[DUK]デューク・エナジー 過去5年間の株価の動向:ここで、[DUK]デューク・エナジーの過去5年間の株価の動向をチェックしておきたいと思います。基本的にはその業績・配当金がまったり推移の傾向にありますので、株価自体もまったりと推移するのが望ましいと思っているのですが、同社の株価推移を見てみると株価指数のS&P500とそう変わらない振れ幅となっているように思えます。

さて、2016年4月22日を起点とする過去5年間の株価推移は+39%程度でした。この間、年あたり4〜5%台の配当金も受け取れていた訳ですので、この5年については電力株とは思えないほどの良い好成績をおさめられた銘柄ということになりますね。今後もこのペースが続くかは神のみぞ知る事だと思いますが、私としては悪くとも株価ヨコヨコのレベルは維持してほしいものと思います。

[DUK]デューク・エナジーから配当金です。

DUK 配当金

さて、今回は[DUK]デューク・エナジーから1株あたり0.825$の配当金をいただきました。保有株数は132株でありまして、法人での源泉徴収税などを差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は83.08$ということになりました。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせしますと、実際に受け取った配当金の金額は9,282円ということになります。

[DUK]Duke Energy Corpの主要指標(2016年4月24日現在)

■ PER:19.2倍
■ PBR:1.3倍
■ ROE:7.0%
■ 配当利回り:4.29%(実績)
■ 直近5期のEPS推移:3.83→3.07→3.76→2.66→4.05(2015/12実績)
■ 直近5期の配当推移:2.97→3.03→3.09→3.15→3.24(2015/12実績)

では、最後に[DUK]Duke Energy Corpの主要指標の主要な指標をチェックしておく事にしたいと思います。前々期・2014年12月期は一時的な事業売却損が発生した影響で業績は減速となってしまいましたが、前期・2015年12月期は一時要因の影響が無くなったことと、燃料安の恩恵を受けられた事とが相まって以前以上の好業績にカムバックしてきました。

さて、今期・2016年12月期以降の業績については、燃料価格などの影響を受けやすいので今の時点での予想は難しい面もあるのですが、今の所は今期業績でEPS=4.6$程度が期待されているようですね。また、おそらくは今年も0.09$程度の増配もなされるのではないかと思います。これからも長期に渡って保有していきたい銘柄ですね。

米国個別株式デビューには、マネックス証券が個人的にオススメです。

資産運用始めるなら!マネックス証券」
■ 他大手ネット証券より安い手数料
■ 特定口座対応で確定申告の煩わしさなし
■ 私も外国株・外国債券取引で愛用中


この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ