国内No.1争いの保守的なリート[8967]日本ロジスティクスファンド投資法人の決算説明会in神戸。輪島塗のお箸のお土産もいただきました。 - 高配当株で配当金生活

国内No.1争いの保守的なリート[8967]日本ロジスティクスファンド投資法人の決算説明会in神戸。輪島塗のお箸のお土産もいただきました。

今回は、個人的には国内のリートでNo.1争いをするほどの『保守的・良心的』なリートである[8967]日本ロジスティクスファンド投資法人をご紹介することにしたいと思います。国内で最初に上場した『物流系リート』のパイオニアである同社。その運用方針では決して派手ではないのですが、とにかく『堅実』の一言につきると思います。

私が配当金生活をスタートさせた2009年以降、今までの投資成績を見てみると実は物流系リートのライバルである[3249]産業ファンドに株価推移も分配金推移も負けてしまってはいるのですが、これもおそらくは保守的な投資方針だからだろうと私は考えています。いずれ、景気が後退する場面ではこの2銘柄の差は縮まる可能性はなきにしもあらずだと思いますね。

神戸国際会館

神戸国際会館にやってきました:さて、今回は先週開催された[8967]日本ロジスティクスファンド投資法人の『決算説明会in神戸』に参加してまいりましたので、その内容の一部を読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。会場となったのは、神戸の中心地・三宮にある『神戸国際会館』です。

この建物には、私が暇な時に勉強している資格の予備校、[4319]TACが以前は数フロア分まとめて賃貸しており、ちょくちょく通っていた場所なのですが、今の同社は近所の[8954]オリックス不動産投資法人が保有するビルに引っ越してしまいました。ここは神戸を代表するビルの1つなので、家賃が高かったんでしょうね。

色々なセミナーが開催されています

色々なセミナーが開催されています:最近大都市の中では相対的に勢いのないように思える神戸市ですが、さすがに中心部の便利な国際会館の中では色々なセミナーが開催されているようです。私の保有銘柄である[9055]アルプス物流の会社説明会も開催されているようですね。また、今回の会場の横では投資信託のさわかみ投信のセミナーが開催されていたようでした。

日本ロジスティクスファンド投資法人 説明会資料

[8967]日本ロジスティクスファンド投資法人 説明会資料:さて、こちらが[8967]日本ロジスティクスファンド投資法人の今回の説明会の資料です。中身は推しポイントがキレイにまとまっておりまして非常に分かりやすいと思いました。今回の説明会は、この資料に沿って30分説明、その後質疑応答という流れで行われました。ただ、内容自体は普段からきちんと『資産運用報告書』を読み込んでいれば知っている内容であり、新たに得た内容は少なかったように思います。

ただ、今回の[8967]日本ロジスティクスファンド投資法人の説明会では、説明の中で何度となく『いまの不動産は好調すぎる』という事が強調されていました。同社としてはまもなく不動産市況はピークで、これから一旦は下がるだろうと予想しているようです。今年に入ってから、マイナス金利の効果などでREIT指数も好調ですが、こちらの方も一旦は来年にかけて2割程度の下げもあり得るという見解をお持ちのようでした。

日本ロジスティクスファンド投資法人 説明会お土産

[8967]日本ロジスティクスファンド投資法人 説明会お土産:さて、[8967]日本ロジスティクスファンド投資法人の決算説明会と言えば、会社名入りのグッズをお土産としていただけるのが定番となっています。以前いただいた同社の名前入りマグカップは今でも愛用しています。さて、今回の説明会のお土産は・・というと、上記の写真でご紹介している輪島塗の箸でした。今回もそこそこお金がかかってそうなお土産ですよね。

ということで、今回は先週4月22日に開催された[8967]日本ロジスティクスファンド投資法人の決算説明会in神戸に参加したという内容をご紹介しました。同社の『保守的』な運用方針は私自身の保守的な方針にピッタリ合いますので、今後も長く投資は続けていきたいと思っています。ただ、現状の投資口価格・分配利回りから判断すると足元では利益確定を視野にいれておきたいですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ