国内高配当株式トップ10(2016年4月15日現在)雑記:ドトールが最高益へ!? / かつてやらかしてしまった[4714]リソー教育が復活の初ランクインです。 - 高配当株で配当金生活

国内高配当株式トップ10(2016年4月15日現在)雑記:ドトールが最高益へ!? / かつてやらかしてしまった[4714]リソー教育が復活の初ランクインです。

今回は2016年4月15日時点での国内高配当株式のトップ10を概観したいと思います。このランキングでは、私なら投資しても良いかな〜と思える独自のスクリーニング基準を使って、基準に当てはまった銘柄の中から上位10銘柄をご紹介しているランキングです。本編に入る前に、今週の私のツイートに関する雑談からスタートです。

一時期は安定傾向にあったとはいえ、業績がパッとしなかったイメージのある[3087]ドトール・日レスホールディングス。そんな同社も最近は好調な推移となっておりまして、業績も最高益近辺での推移が続いています。そんな同社の業績を牽引しているのがドトールに比べて高級なブランドの星乃珈琲店ですね。

既にその出店店舗数も3桁台に突入し、読者の皆様の行動圏内でも見かける事が多くなっているのではないかと思われる星乃珈琲店。この同社の社運をかけた新ブランドは、実は同社の社長である『星野さん』から由来している可能性が高いと思われるんですよね。そう思うと、このブランドへの意気込みがさらに伝わって来るような気がします。私は同社の株主なので、今後の拡大に期待したいところですね。

たっちゃんのツイッターをフォローお願いいたします。

さて、今更ではありますが、実は私たっちゃんはTwitterのアカウントを持っております。アカウントをオープンして2年間の間は記事の更新情報を垂れ流すだけだったんですけれども、それではフォロワーさんの興味を惹き付けられないかなと思いまして、最近はそれ以外の事もはつぶやくようになりました。

私自身ののんびりした性格が災いして、このブログは『速報性』に欠ける所があるんですけれども、その『のんびりさ』についてはTwitterで速報を流す事にしてフォローしていきたいと思っています。

また、自分の保有している銘柄関連のニュース、本日の経済ニュースから自分の面白いと思ったもの、株主優待券を利用しての外食やお買い物などもご紹介したりもしています。そういうネタが面白いと思える方は、是非ともフォローをしていただければ幸いです。コメントなども出来るだけお返しするようにしておりますので、ボケつぶやきに面白いツッコミなどございましたら、お気軽にお願いします。

配当金生活向けの高配当銘柄ランキング。ランクイン基準は?

PERが20倍以下であること:タコ配傾向の銘柄はランクインしません
ROEが7%以上であること:資本コストは7%以上だと思うので
時価総額が50億円以上であること:極端な小型株は流動性の観点からカット
経常利益が前期比+であること:利益マイナスは嫌な感じがしますよね
自己資本比率が50%以上であること:財務が良い会社は安心できます

このランキングでは以上の5点を満たす銘柄を配当利回りが高い順にランク付けしています。なお、データ作成にはSBI証券のスクリーニングデータを用いています。

過去のランキング1位・2位・3位が気になる方は!?

第172回(2016/4/8):ピックアップ [4031]片倉コーポアグリ
いちよし証券(5.81%)/昭和真空(4.90%)/キヤノン(4.76%)
第171回(2016/4/1):ピックアップ [1736]オーテック
いちよし証券(5.75%)/昭和真空(4.85%)/キヤノン(4.62%)
第170回(2016/3/25):ピックアップ [6322]タクミナ
いちよし証券(5.09%)/キヤノン(4.45%)/タクミナ(4.14%)
第169回(2016/3/11):ピックアップ [4762]エックスネット
いちよし証券(4.82%)/キヤノン(4.46%)/夢テクノロジー(4.43%)
第168回(2016/3/4):ピックアップ [9622]スペース
いちよし証券(4.78%)/夢テクノロジー(4.49%)/キヤノン(4.45%)

2016年4月15日現在のランキングです

1(ー):[8624]いちよし証券:5.43%(-0.38%)
2(ー):[6384]昭和真空:4.66%(-0.24%)
3(ー):☆[7751]キヤノン:4.55%(-0.21%)
4(新):[4714]リソー教育:4.26%(-)
5(+3):[6322]タクミナ:4.20%(-)
6(ー2):☆[7995]日本バルカー工業:4.18%(-0.15%)
7(ー2):☆[7551]ウェッズ:4.14%(-0.12%)
8(ー2):[1736]オーテック:4.08%(-0.17%)
9(ー2):[6035]アイアールジャパンHD:4.05%(-0.19%)
10(ー1):△[2169]CDS:4.00%(-0.19%)
※ 参考:上記のうち現在たっちゃんが保有している銘柄には☆印を、過去に保有していた事のある銘柄には△印が付いています。

今週のランキングを見てみたいと思います。先週は、日経平均株価が6%台の上昇となりまして、世界の主要な国の中では騰落率が1位となっていました。その流れを受けて、このランキングでご紹介するような高配当株式についても株価が堅調な推移となった物が多かったようですね。ただ、5位の[6322]タクミナだけはこの状況でも先週比ヨコヨコの推移となっていたようです。

さて、今週は久しぶりにランキング初登場の銘柄がございまして、それが首都圏を中心に個別指導塾のTOMASなどを展開している[4714]リソー教育です。この会社、記憶力の良い方なら覚えていらっしゃる方もいらっしゃると思うのですが、つい2年半前に『不正な会計処理』を行ったとして業績も結果的に大きく下方修正する事となり、株価も5分の1程度まで急落してしまった銘柄なんですよね。

『過去にやらかしてしまった銘柄』を紹介するのは、個人的にはちょっと気が引ける部分もあるのですが、過去にやらかしてしまったが故に、これからは会計監査人もしっかりとやってくれると期待したいものです。業績も一時は不正分の調整などでドーンと落ち込んでしまってしまいましたが、前期2016年2月期、今期2017年2月期と順調に回復見込みでありまして、配当の方も今期は6円の増配予定となっています。

[4714]リソー教育の主要指標(2016年4月17日現在)

■ PER:15.67倍(予想)
■ PBR:2.49倍(実績)
■ ROE:16.4%(実績)
■ 配当利回り:4.26%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:5.4→-60.4→47.8→22.3→24.0(2017/02予想)
■ 直近5期の配当推移:33→20→0→10→16(2017/02予想)

では、最後に[4714]リソー教育の主要指標をご紹介しておくことにしたいと思います。不正会計の影響のあった2014年2月期以前のデータを信頼しても良いものか!?というのは少し迷う所なのですが、自分としては以前のデータは見ない事にしたいと思います。さて、ここ2期の1株当たり純利益が20円台の前半となっているので、これからの目標としては個人的にはこの水準の数字をキープしてくれればと思っています。

指標的にめちゃくちゃ割安ということではないのですが、配当性向が高いので今回の増配予想を受けて一気に高配当ランキングの上位に食い込んで来た同社。その一方で、過去のイメージから株価はそこまで上がらないような気もするので、しばらくはランキング10位以内の常連銘柄となる予感がします。私は塾系の銘柄が好きなので、新規で買おうかどうか迷っている所です。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ