なぜか急に訪れた電力株ブームで配当利回りは3%台前半まで急低下中。[AEP]アメリカン・エレクトリック・パワーから四半期配当をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

なぜか急に訪れた電力株ブームで配当利回りは3%台前半まで急低下中。[AEP]アメリカン・エレクトリック・パワーから四半期配当をいただきました。

昨年の秋以降、原油価格の下落などを理由にして株価面でも業績面でも追い風が吹いていた『米国の電力株』。4月に入ってから原油価格が反転して来ていますので、そろそろ電力株の躍進も終わりかな!?と思っていたのですが、昨年来の原油安のおかげで、2015年12月期の決算が良好だった会社が多かった事から、原油価格反発の場面においても年初来高値近辺で踏みとどまっている銘柄が多いように思いますね。

さて、今回は米国株に強いマネックス証券で購入している、アメリカ大手の電力株の一角である[AEP]アメリカン・エレクトリック・パワーから配当金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

AEP トップページ
※ 上記画像はアメリカン・エレクトリック・パワーのトップページより引用

米国大手電力株の一角である[AEP]アメリカン・エレクトリック・パワー。会社名を日本語に強引に訳すと『米国電力会社』と表す事ができますので、会社名だけを見ると国内No.1の電力会社のように思えてしまうのですが、実際の所は米国内で99社上場している公共事業系の会社のうち、売上高でも時価総額ベースでも6位の会社ということになっています。年間の純利益も20億ドルを超えていますし、立派な超大手であることには代わりはないですけどね。

AEP 株価推移
※ 上記画像はグーグルファイナンスより引用

[AEP]アメリカン・エレクトリック・パワー 過去1年間の株価推移:前述のように最近は絶好調な株価推移となっている米国電力株。[AEP]アメリカン・エレクトリック・パワーもその例外ではありませんで、2016年4月14日を起点とする過去1年間の株価推移を見てみますと、+16.3%とかなり好調な値動きになっている事が分かるのではないかと思います。同期間のS&P500はほぼヨコヨコな訳ですから、相対的にはかなり好調だったという事になりますね。

[AEP]American Electric Powerから配当金です。

AEP 配当金

さて、今回は[AEP]American Electric Powerから1株あたり0.56$の配当金をいただきました。保有株数は181株でありまして、個人での源泉徴収税などを差し引いた後の手取り額は77.39$でした。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせますと、8,484円を受け取った事になります。

[AEP]American Electric Powerの主要指標(2016年4月15日現在)

■ PER:18.3倍
■ PBR:1.8倍
■ ROE:11.8%
■ 配当利回り:3.42%(実績)
■ 直近5期のEPS推移:4.02→2.60→3.04→3.34→4.17(2015/12実績)
■ 直近5期の配当推移:1.85→1.88→1.95→2.03→2.15(2015/12実績)

では、最後に[AEP]American Electric Powerの主要な指標をチェックしておく事にしたいと思います。売上高ベースでは鉄壁のヨコヨコ〜微増推移の続く同社ですが、前期については原油安のおかげもあったのか1株当たり純利益については前の期よりも25%程度の向上となりました。

増配についても着実なペースで毎期行われていますが、前述のように株価がそれ以上に好調な推移をしてしまっているがために、その配当利回りは最近は3%台の前半まで下がって来てしまっています。以前は4%・5%当たり前だった事を思うと、ここは買い増しよりもむしろ利益確定に動きべきなのかもしれませんね。

米国個別株式デビューには、マネックス証券が個人的にオススメです。

資産運用始めるなら!マネックス証券」
■ 他大手ネット証券より安い手数料
■ 特定口座対応で確定申告の煩わしさなし
■ 私も外国株・外国債券取引で愛用中


この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ