ロイヤルホールディングス[8179]の株主優待券で家族2人で5,000円台のディナータイム。サーロインステーキと海老フライ&カニクリームコロッケ御膳です。 - 高配当株で配当金生活

ロイヤルホールディングス[8179]の株主優待券で家族2人で5,000円台のディナータイム。サーロインステーキと海老フライ&カニクリームコロッケ御膳です。

最近は会社全体としては絶好調な業績推移となっている[8179]ロイヤルホールディングス。読者の皆様がこの会社と聞いてまず思い浮かべるであろう『ロイヤルホスト』ブランドは以前よりは微減傾向となってしまっているようなのですが、同社のそれ以外の部門はいずれもそれなりに好調な推移となっているようですね。その中でも外国人観光客の増加に伴い、ホテル部門が絶好調な推移となっているようですね。

さて、今回はそんな[8179]ロイヤルホールディングスの株主優待券を利用しまして、久しぶりに同社のメインブランドである『ロイヤルホスト』にお食事に行きましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。普段であれば、毎回毎回『期間限定メニュー』をいただく傾向にあるのですが、今回は期間限定メニューの境目だったのか、特別なメニューはありませんでした。

[8179]ロイヤルホールディングスの株主優待 (6月/12月 年2回)

優待食事券(500円)
■ 100株以上:1枚
■ 500株以上:10枚
■ 1,000株以上:24枚

参考:ロイヤルHD[8179]の主要指標(2016年4月13日現在)

■ PER:31.97倍(予想)
■ PBR:1.81倍(実績)
■ ROE:6.1%(実績)
■ 配当利回り:0.92%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:29.5→43.1→48.4→70.8→67.9(2016/12予想)
■ 直近5期の配当推移:12→14→16→20→20(2016/12予想)

サーロインステーキと海老フライ&カニクリームコロッケ御膳をいただきます。

サーロインステーキ

サーロインステーキ:ということで、今回は税込2,354円という超贅沢メニューであるサーロインステーキと海老フライ&カニクリームコロッケ御膳をいただくことにしました。同社の株主優待券は半年で5,000円いただいていますので、今回一回で家族合わせて約5,000円強の注文にて一発で使ってしまうということになりますね。

上の写真は、今回のメインである『アンガス牛のサーロインステーキ』です。最近同社が力を入れているステーキメニューでありまして、確かに美味しいお肉だとは思うのですが、先日いただいた[3053]ペッパーフードサービスの『いきなりステーキ』のお肉に比べるとイマイチかなと思いました。こちらの方が安いので一概には比べられないんですけどね。

海老フライ&カニクリームコロッケ

海老フライ&カニクリームコロッケ:そして、こちらがもう1皿のメインである『海老フライ&カニクリームコロッケ』です。こちらは昔ながらのロイヤルホストという印象そのままの洋食メニューですね。こちらもビックリするほど美味しいという訳ではないのですが、安定の高水準なロイヤルホストでのディナーと言えます。お値段はやや高いかなと思うのですが、こればかりは仕方ない事ですね。

大盛りのご飯

大盛りのご飯:普段は、ご飯を大盛りにすることはあまりない私ですけれども、今回はご飯が進みそうなおかずである事にくわえ、店員のお姉さんに『ご飯大盛り無料ですよ』と注文時に言われましたので、つい勢いでご飯を大盛りにしてしまいました。運ばれて来た瞬間は『多すぎる!?』と感じたのですが、実際に食べ進めてみると多すぎるということは全くありませんでしたね。

食後の珈琲

食後の珈琲:そして、食後にはコーヒーを飲みながらゆったりと・・。と言いたい所なのですが、今となってはこういうお店にも子供と一緒に来ている訳でありまして、子供は相手にしてあげないとスグに騒いでしまう事から、以前のようなゆったりとしたコーヒータイムという訳にはいきません。これが3人家族だという事ですので、そういう生活を今のうちは楽しみたい所ですね。

ということで、今回は[8179]ロイヤルHDの株主優待券を利用しまして、同社のメインブランドである『ロイヤルホスト』にて、サーロインステーキと海老フライ&カニクリームコロッケ御膳をいただきました。この訪問の後、しばらくして『長崎・天草食散歩』という期間限定メニューが始まった同社。できれば、このキャンペーンが始まってからロイヤルホストを訪問したかった所ですね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ