世界の不動産関係銘柄・リートなどに分散投資できるETF。[IFGL]iシェアーズ先進国(除く米国) REITETFから分配金です。 - 高配当株で配当金生活

世界の不動産関係銘柄・リートなどに分散投資できるETF。[IFGL]iシェアーズ先進国(除く米国) REITETFから分配金です。

最近は世界的に先進国の国債の利回りなどが低下しています。国債の利回りなどが低下しているということは、お金を借入する時の金利も基本的には低下傾向にあるため、資金調達を借入に頼る事の多い『リート・不動産投資信託』については、国内のものも海外のものも追い風の傾向にあります。ただ、米国リートについては米ドル建てでは堅調なのですが、円高の影響で円ベースではイマイチな推移となってしまっていますね。

さて、配当金生活のポートフォリオでは2016年4月中旬現在で株式:債券:リート=38:38:24の割合で投資することとしていまして、最近の相場軟調の場面でも、このリートの部分が相対的に堅調に推移してくれている事から、ポートフォリオ全体の値動きは株式だけに投資するよりもまったりとした推移となっています。

さて、今回は配当金生活のポートフォリオで保有している銘柄のうち、分類上は『海外リート』として保有している[IFGL]iシェアーズ先進国(除く米国) REITETF(以下[IFGL]米国以外REITETFとします)から分配金をいただきましたので、ご紹介することにしたいと思います。

iシェアーズ 先進国(除く米国) 不動産 ETFは、米国を除く先進国の不動産関連株式で構成される指数と同等の投資成果をあげることを目指しています。(ishares公式ウェブサイトから引用)

さて、今回の記事でご紹介する[IFGL]米国以外REITETFは基本的にアメリカ以外のリートや不動産関連銘柄に投資する商品という事になっています。海外の不動産に投資するにあたり、日本以外で投資するのであれば基本的にはアメリカだけでも悪くはないような気がするのですが、海外分を全て1国だけに投資するというのも私の性格には合いませんので、結果的にこの銘柄も一定割合は保有しているという事になりますね。

■ 米国リートに投資するもの:55%程度
■ 米国以外のリートに投資するもの:25%程度
■ オーストラリアリートに投資するもの:20%程度

ちなみに、2016年4月中旬現在の私の海外リートの国別の投資比率は上記のようになっています。一般的な常識からすると、オーストラリアが多すぎ!?とういう印象をお持ちになってしまう方が多いと思うのですが、これは私の『オセアニア推し』の傾向によるものです。株式系についても、オーストラリア・ニュージーランド株がもう少し個別で買いやすい環境であれば、組み入れを行うんですけどね。

IFGL 上位組み入れ銘柄
※ 上記の表はisharesの公式ウェブサイトから引用

[IFGL]米国以外REITETF 上位組み入れ国:[IFGL]米国以外REITETFの上位組み入れ国をご紹介しておきます。米国以外の先進国の不動産というと、どこの国が組み入れられているのだろう?と疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、実はこの商品で一番多く組み入れられているのは日本の銘柄という事になるんですよね。

我々日本の投資家からすると、日本の銘柄は個別で買うからいいよ!とツッコミしてしまいそうなのですが、この商品は別に日本人を対象に販売している訳ではありませんので、日本が4分の1程度組み込まれているのは仕方ない事ですね。それ以外は、香港・オーストラリア・イギリスが投資対象上位の3カ国となっています。ここまでの4カ国で65%近くの投資割合ということになりますね。

[IFGL]米国以外REITETFとから分配金をいただきました。

IFGL 分配金

さて、今回は[IFGL]米国以外REITETFとから1口あたり0.203374$分の分配金をいただきました。保有口数は2,136口でありまして、国内・国外の源泉徴収税を差し引きしますと、実際に受け取った分配金の金額は331.65$という事になりました。この記事を書いている段階の為替レートを掛け合わせますと35,911円を受け取った事になります。

[IFGL]米国以外REITETFは、前述のとおり『REIT』だけが組み込まれている訳ではなく『不動産開発系』の銘柄も多く組み入れられています。この系統の銘柄については、必ずしも高配当とは言えないものもありまして、それら全ての銘柄の影響が混合した結果、2016年4月中旬時点での分配利回りは3.6%程度となっています。分配利回り面からはやや物足りないですが、世界の不動産に投資するという理念は気に入っていますので、これからも一定量は保有し続けたいと思っています。

米国ETFの購入には、マネックス証券が個人的にオススメです。

資産運用始めるなら!マネックス証券」
■ 他大手ネット証券より安い手数料
■ 特定口座対応で確定申告の煩わしさなし
■ 私も外国株・外国債券取引で愛用中


この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ