国内高配当株式トップ10(2016年4月8日現在)雑記:絶好調のNZ株式 / 国内の肥料メーカーではトップクラス。[4031]片倉コーポアグリのご紹介です。 - 高配当株で配当金生活

国内高配当株式トップ10(2016年4月8日現在)雑記:絶好調のNZ株式 / 国内の肥料メーカーではトップクラス。[4031]片倉コーポアグリのご紹介です。

今回は2016年4月8日時点での国内高配当株式のトップ10を概観したいと思います。このランキングでは、私なら投資しても良いかな〜と思える独自のスクリーニング基準を使って、基準に当てはまった銘柄の中から上位10銘柄をご紹介しているランキングです。本編に入る前に、今週の私のツイートに関する雑談からスタートです。

基本的にその業績が景気の変動に左右されにくいいわゆる『ディフェンシブ株』中心に投資を行っている私。本当であれば、世界のディフェンシブ株式に分散して投資を行いたいと思っているのですが、国内では米国株・香港株を除くと個別株への投資環境が整っていませんので、海外株への投資は9割弱が米国株となってしまっています。

私が配当金生活をはじめたのは2009年の事だったのですが、当時から世界の景気とあまり関係なさそうな国として注目していたのは『ニュージーランド』でした。例えば、旅行好きの私としては[AIA]オークランド国際空港なんて良さそうな銘柄だなと思っていたのですが、当時は(おそらく今でも?)同国の個別株を国内の証券会社で買うのはなかなか厳しいと思うんですよね。いずれ、どこかのネット証券に対応してほしい所ですね。

たっちゃんのツイッターをフォローお願いいたします。

さて、今更ではありますが、実は私たっちゃんはTwitterのアカウントを持っております。アカウントをオープンして2年間の間は記事の更新情報を垂れ流すだけだったんですけれども、それではフォロワーさんの興味を惹き付けられないかなと思いまして、最近はそれ以外の事もはつぶやくようになりました。

私自身ののんびりした性格が災いして、このブログは『速報性』に欠ける所があるんですけれども、その『のんびりさ』についてはTwitterで速報を流す事にしてフォローしていきたいと思っています。

また、自分の保有している銘柄関連のニュース、本日の経済ニュースから自分の面白いと思ったもの、株主優待券を利用しての外食やお買い物などもご紹介したりもしています。そういうネタが面白いと思える方は、是非ともフォローをしていただければ幸いです。コメントなども出来るだけお返しするようにしておりますので、ボケつぶやきに面白いツッコミなどございましたら、お気軽にお願いします。

配当金生活向けの高配当銘柄ランキング。ランクイン基準は?

PERが20倍以下であること:タコ配傾向の銘柄はランクインしません
ROEが7%以上であること:資本コストは7%以上だと思うので
時価総額が50億円以上であること:極端な小型株は流動性の観点からカット
経常利益が前期比+であること:利益マイナスは嫌な感じがしますよね
自己資本比率が50%以上であること:財務が良い会社は安心できます

このランキングでは以上の5点を満たす銘柄を配当利回りが高い順にランク付けしています。なお、データ作成にはSBI証券のスクリーニングデータを用いています。

過去のランキング1位・2位・3位が気になる方は!?

第171回(2016/4/1):ピックアップ [1736]オーテック
いちよし証券(5.75%)/昭和真空(4.85%)/キヤノン(4.62%)
第170回(2016/3/25):ピックアップ [6322]タクミナ
いちよし証券(5.09%)/キヤノン(4.45%)/タクミナ(4.14%)
第169回(2016/3/11):ピックアップ [4762]エックスネット
いちよし証券(4.82%)/キヤノン(4.46%)/夢テクノロジー(4.43%)
第168回(2016/3/4):ピックアップ [9622]スペース
いちよし証券(4.78%)/夢テクノロジー(4.49%)/キヤノン(4.45%)
第167回(2016/2/26):ピックアップ [3433]トーカロ
いちよし証券(5.09%)/キヤノン(4.56%)/夢テクノロジー(4.48%)

2016年4月8日現在のランキングです

1(ー):[8624]いちよし証券:5.81%(+0.06%)
2(ー):[6384]昭和真空:4.90%(+0.05%)
3(ー):☆[7751]キヤノン:4.76%(+0.14%)
4(+1):☆[7995]日本バルカー工業:4.33%(+0.07%)
5(+2):☆[7551]ウェッズ:4.26%(+0.10%)
6(ー2):[1736]オーテック:4.25%(-0.05%)
7(+2):[6035]アイアールジャパンHD:4.24%(+0.23%)
8(ー2):[6322]タクミナ:4.20%(-0.04%)
9(ー1):△[2169]CDS:4.19%(+0.04%)
10(初):[6237]イワキポンプ:4.11%(-)
※ 参考:上記のうち現在たっちゃんが保有している銘柄には☆印を、過去に保有していた事のある銘柄には△印が付いています。

今週のランキングを見てみたいと思います。今週は日経平均株価については先週からの7営業日続落という事になってしまいまして、主要な銘柄の株価についてはかなり安くなってしまったものもありますよね。ただ、このランキングに入っている銘柄については、ほとんどの銘柄で株価が下げているもののその下げ幅については、幾分控えめであるようにも思えます。

今週のランキングを見てみると、[6237]イワキポンプが10位に初登場となりました。先月、東証2部に上場したばかりのホヤホヤの銘柄でありまして、最近の軟調な相場に引っ張られる形で株価はかなりイマイチな推移となってしまっています。ただ、配当利回りは4%強の予想となっているんですよね。新規で購入するかどうか迷う所ですね。

さて、今週はトップ10にランクインしている銘柄ではないのですが、今後私が購入しても良い銘柄であると考えている[4031]片倉コープアグリをご紹介することにしたいと思います。この会社名、聞いた事がないという方も多いと思うのですが、それは元々同社は昨年の秋までは『片倉チッカリン』という名前で上場していたためなんですよね。

同社は、昨年の秋に旧コープケミカルと合併しまして、新しく[4031]片倉コープアグリという会社として再出発することになったのです。『アグリ』と名前についているだけありまして、同社は農業系の会社でありまして、その中でも肥料をメインに扱っている会社ということになります。国内では最大手規模の肥料メーカーということですね。

同社は、過去の業績を見ると鉄壁の安定感がある訳ではないのですが、それでも売上高ベースでは上がったり下がったりといった調子で決して成長一本やりではないというもどかしさが私好みです。これで配当が安定してればベストではあるのですが、過去を振り返ると配当は安定とまでは言い切れないんですよね。最近は8円配当がベースになっているようなので、今後についてはこの水準をキープしてくれると期待したいものです。

[4031]片倉コープアグリの主要指標(2016年4月10日現在)

■ PER:6.02倍(予想)
■ PBR:0.44倍(実績)
■ ROE:2.9%(実績)
■ 配当利回り:3.76%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:8.7→19.9→25.0→16.5→35.4(2016/03予想)
■ 直近5期の配当推移:8→10→8→8→8(2016/03予想)

では、最後に[4031]片倉コープアグリの主要指標をご紹介しておくことにしたいと思います。先週このコーナーでご紹介した[1736]オーテックとおなじく、今週もPER6倍前後の超割安!?と思ってしまう数字が出ていますが、実は今年は前述の会社合併に伴い『負ののれん発生益』という特別利益が発生していますので、実質の1株利益はこの3分の1程度であると思われます。

1株当たり純利益が12円程度と仮定すれば、実質のPERは17倍程度になりますので、めっちゃ割安という訳ではないという事には注意しておく必要がありますね。また『負ののれん』というものは、会社を純資産額より安く購入した場合に発生するものでして、簿記の講座で『理論上は滅多に発生しないもの』と習った気がするのですが、実際に投資の世界で日々生きているとちょくちょく発生している気がします。理論と実際は違うという事なのでしょうかね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ