[2702]日本マクドナルドから株主優待券・配当金のセットをいただきました。新商品の『ギガビックマック』で優待券が使えませんのでご注意を。 - 高配当株で配当金生活

[2702]日本マクドナルドから株主優待券・配当金のセットをいただきました。新商品の『ギガビックマック』で優待券が使えませんのでご注意を。

かつては個人・法人合わせて800株も保有しており、年間に換算すると96食分もの株主優待券をゲットしていた[2702]日本マクドナルド。あまりに優待券の枚数が多いので1人暮らしではどう考えても使い切れず、お世話になった方にプレゼントする、金券ショップで売るなどしていたものでした。

その後、業績が大コケとなる中で同社の株価はビックリするほど堅調に推移していましたので、同社の保有株数は800株から100株まで減少することとなります。その一方で、いつの間にやら家族が3人家族となってしまいまして、今になって『マクドナルドが必要な状況』となってしまったような気がするんですよね。子供はマクドナルドが好きですからね。

日本マクドナルド 事業報告書

[2702]日本マクドナルド 事業報告書:それはさておき、今回はそんな[2702]日本マクドナルドから事業報告書・配当金・株主優待券の3点セットをいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。読者の皆様の一番の興味は株主優待券だと思いますので、まずは優待制度からご紹介することにしたいと思います。

日本マクドナルドホールディングス[2702]の株主優待 (6月12月/年2回)

優待食事券
■ 100株〜:1冊
■ 300株〜:3冊
■ 500株〜:5冊
※1冊にバーガー類、サイドメニュー、飲物、3種類の商品の無料引換券が1枚になったシート6枚

日本マクドナルド 2015年12月権利確定分株主優待券

[2702]日本マクドナルド 2015年12月権利確定分株主優待券:さて、私は[2702]日本マクドナルドの株式を100株保有していますので、今回は優待食事券を1冊いただいています。この優待食事券1冊には『バーガー・サイドメニュー・飲み物』の3種類の商品の無料引換券が6枚分ずつついておりまして、バリューセットで選択することのできる商品の中から好きなものを選択する事が出来ます。

『優待券の効率』を重視するのであれば、この優待券は『ダブルクオーターパウンダー』『ポテトL』などを組み合わせて利用するのが最も効率的な使い方ということになります。また、2016年4月6日から販売される『ギガビックマック』に優待券が使えるのかどうかが気になる所だったのですが、読者の方のご指摘で『ギガビックマックは優待NG』『グランドビックマックはOK』であることがわかりました。(参考URL:マクドナルド公式のQ&A

今期は営業黒字に転換なるか

今期は営業黒字に転換なるか!?:さて、一時期は業績が大コケとなってしまった[2702]日本マクドナルドですけれども、最近は業績が下げ止まる傾向にありますね。それでも、一時期に比べるとビックリするほど悪化しているという事実は今でも変わらないのですが、業績のベクトルが下向きから上向きに変わっているという事実は心の支えではないかと思います。

[2702]日本マクドナルドから配当金です。

2702 日本マクドナルド 配当金

さて、今回は[2702]日本マクドナルドから1株あたり30円の配当金をいただきました。保有株数は100株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は2,541円ということになりました。

参考:日本マクドナルドHD[2702]の主要指標(2016年4月3日現在)

■ PER:----倍(予想)
■ PBR:3.25倍(実績)
■ ROE:-27.1%(実績)
■ 配当利回り:1.13%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:96.8→38.6→-164.3→-261.0→-18.1(2016/12予想)
■ 直近5期の配当推移:30→30→30→30→30(2016/12予想)

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ