春になったのでもうすぐ販売終了!? [9861]吉野家HDの『牛すき鍋膳』をいただきます。また、豚丼がまもなく販売再開ですね。 - 高配当株で配当金生活

春になったのでもうすぐ販売終了!? [9861]吉野家HDの『牛すき鍋膳』をいただきます。また、豚丼がまもなく販売再開ですね。

会社としての知名度はめっちゃ高いと思われるものの、それに反して業績は『万年イマイチ』となってしまっている[9861]吉野家ホールディングス。業績イマイチとはいえ、赤字に陥ってしまうほどではありませんので、会社の継続という点からは全く心配ない水準なのですが、今後どういう業績推移を辿るにしても現状の株主優待だけは継続してほしい所ですよね。個人株主はほとんどが優待券目当てで保有しているでしょうしね。

吉野家HD 豚丼の復活販売

[9861]吉野家HD 豚丼の販売再開:さて、最近の[9861]吉野家HDのネタと言えば豚丼の復活販売ですよね。ニュースサイトやテレビなどでこのニュースを見たという方も少なくないのではないかと思います。手元には、まだまだ[9861]吉野家HDの株主優待券が余っていますので、販売が再開されましたら早速食べに行きたいと思っています。なお、販売再開直後は並盛りが300円で販売されるそうですね。300円単位の優待券を使いやすい素晴らしい価格設定ですね。

吉野家ホールディングス[9861]の株主優待 (2月/8月 年2回)

1枚あたり300円相当の食事券
■ 100株以上:10枚
■ 1,000株以上:20枚
■ 2,000株以上:40枚

9861 吉野家HD 株主優待券

吉野家HD[9861]の主要指標(2016年4月3日現在)

■ PER:176.23倍(予想)
■ PBR:1.48倍(実績)
■ ROE:1.9%(実績)
■ 配当利回り:1.47%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:25.8→-7.1→13.6→16.2→7.7(2016/2予想)
■ 直近5期の配当推移:20→20→20→20→20(2016/2予想)

[9861]吉野家HDの『牛すき鍋膳』をいただきます。

9861 吉野家HD 牛すき鍋膳

牛すき鍋膳 ご飯:さて、この記事でご紹介している吉野家のお店に行ったのは3月31日の事だったのですが、今回行ったお店は既に豚丼の販売が再開されていました。元々は、春になったのでもうすぐ販売が終了しそうな『牛すき鍋膳』を食べるためにお店に来たので、どちらを食べるか非常に迷ったんですけれども、今回については牛すき鍋膳をチョイスすることにしました。

牛すき鍋膳 生たまご

牛すき鍋膳 生たまご:牛すき鍋膳に欠かせない物と言えば『生たまご』ですよね。少しずつ具材につけて食べていく事になるたまごなのですが、私はいつもいつも途中でこのタマゴがなくなってしまいます。家族に言わせると、私は卵をいちいち浸しすぎということなんですけれども、自分としてはそういう感覚がないので難しい所なんですよね。鍋系の食べ放題のお店だと、生卵も食べ放題となっている所があるので助かるんですけどね。

牛すき鍋膳 メイン

牛すき鍋膳 メイン:そして、こちらが今回のメインである牛すき鍋です。このメニューが販売開始した頃は、お店のお客さんのほとんどが頼んでいるのではないか!?と思えるほどのヒット商品となり、同社の業績の回復に大きく貢献していましたが、冬の定番商品となるにつれ、一時期ほどは業績に貢献しなくなってしまっていますね。トマト味を販売したりと、工夫は見られるんですけどね。

ということで、今回は[9861]吉野家HDの株主優待券を使うつもりで(実際には事務所に置き忘れましたが・・)行った『吉野家』のお店にて牛すき鍋膳を食べたという内容をご紹介しました。もう春がやってきていますので、そう遠くない将来にこのメニューは今年の販売を終了するのではないかと思います。今のうちに食べておきたいという株主の方は、吉野家のお店に行く事をお勧めしたいと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ