アメリカの投資適格債券に超低コストで分散投資する主力ETFの1つ。[BND]バンガード・米国トータル債券市場ETFから分配金です。 - 高配当株で配当金生活

アメリカの投資適格債券に超低コストで分散投資する主力ETFの1つ。[BND]バンガード・米国トータル債券市場ETFから分配金です。

最近は世界的に先進国の国債の利回りが低下の一途を辿っておりまして『こんな状況だと、債券投資をしても意味がないのでは?』と思ってしまう方も少なくないのではないかと思います。正直な所、私もそう思っているうちの1人ではあるのですが投資においては『個人的な感覚』に頼って投資方針を大きく変える事は大敵だと思っていますので、債券投資がいらないと直感的に思ったとしても粛々と債券への投資は続けていきたいと思っています。

配当金生活のポートフォリオで保有する米国債券系ETF

■ [AGG]iシェアーズ米国総合債券ETF
■ [LQD]iシェアーズ米国投資適格社債ETF
■ [BND]バンガード米国トータル債券市場ETF
■ [VCSH]バンガード米国短期社債市場ETF
■ [VCIT]バンガード米国中期社債市場ETF
■ [1363]iシェアーズ米国債ETF(この商品だけ東証上場です)

さて、最近の日・欧の先進国債券は5年国債・10年国債であってもマイナス利回りに沈んでしまっているものが珍しくなく、歴史的には低利回りと言える『アメリカの債券』が相対的には魅力的な状況となっていますね。今回は、そんな米国債券に投資する商品である[BND]バンガード米国トータル債券市場ETFから分配金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

バークレイズ米国総合浮動調整インデックスは、米国における残存期間1年超の投資適格 課税対象債券市場(米国債、社債、米国以外の米ドル建て債券、モーゲージ債及びアセットバック証券など)のパフォーマンスを測定する指数です。平均残存期間は5~10年です。(バンガード社[BND]公式販売資料から引用)

この記事を執筆している2016年3月31日の段階で米国10年国債の利回りは1.83%となっています。今回の記事でご紹介する[BND]バンガード米国トータル債券市場ETFの場合は、実際には国債以外にも投資を行っていますので、国債だけに投資するよりは分配利回りはやや高くなる傾向にあるのですが、それでも2%強というのが実際の所ですね。

円と米ドルの為替レートを考えると、2%の値動きなんて日常茶飯事であると言えます。そう思うと、為替リスクを負ってまで年2%強の分配金を取りにいくのか!?と思ってしまう方も少なくはないと思うのですが、私自身は米ドル建てで資産が増えていくのは意味がある事だと思っていますので、円と米ドルの為替リスクについては極端には気にしないこととしたいと思います。

BND 株価チャート
※ 上記BNDの株価チャートはグーグルファイナンスから引用

[BND]バンガード・米国トータル債券市場ETF 過去5年間のチャート:ここで、[BND]バンガード・米国トータル債券市場ETFの過去5年間の値動きをみておきたいと思います。このETFが投資しているような投資適格債券の値動きは、基準となる米国債の価格が急激に変動しない限りはまったりとした推移を続けるのが特徴であると言えますね。

上記の過去5年間の値動きを見てみると、概ね上下で7%程度の値動きとなっているのが分かります。この間、年間2%台の分配金を受け取っている訳ですので『大もうけ』を狙わないのであれば米ドルベースでは着実な投資であると言えるのではないでしょうか。

[BND]バンガード・米国トータル債券市場ETFから分配金です。

BND 分配金

さて、今回は[BND]バンガード・米国トータル債券市場ETFから1口あたり0.16545$分の分配金をいただきました。保有株数は510口でありまして、法人での源泉徴収税などを差し引きしますと、実際に受け取った分配金の金額は64.37$という事になりました。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせしますと、実際に受け取った分配金の金額は7,240円です。

[BND]バンガード・米国トータル債券市場ETFの過去1年間の分配利回りは、2016年3月31日現在で2.43%となっています。前述のように、為替リスクを負ってまでこの2%台の利回りをとりにいくのかというと迷ってしまう方も多いと思うのですが、私個人としてはこれからもチャンスがあればどんどん積み増ししていきたいと思っています。

米国ETFの購入には、マネックス証券が個人的にオススメです。

資産運用始めるなら!マネックス証券」
■ 他大手ネット証券より安い手数料
■ 特定口座対応で確定申告の煩わしさなし
■ 私も外国株・外国債券取引で愛用中


この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ