後発ながら5%近い分配利回りがソコソコ魅力的なオフィスリート。[2768]双日系の[3296]日本リート投資法人から分配金です。 - 高配当株で配当金生活

後発ながら5%近い分配利回りがソコソコ魅力的なオフィスリート。[2768]双日系の[3296]日本リート投資法人から分配金です。

今回は、国内上場のリートの中では分配金利回り面で魅力の高いリートの1つである[3296]日本リート投資法人をご紹介することにしたいと思います。同社はこのブログでは初登場の銘柄ということになるのですが、実はこの記事を書いている時点で売ってしまっているので、今回が最初で最後のご紹介となる可能性もあります。いずれ、利回りが8〜10%の時代が来れば買う可能性はありますけどね。

[3296]日本リート投資法人 第7期資産運用報告書:さて、今回はそんな[3296]日本リート投資法人から第7期の資産運用報告書と分配金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。リートに投資するにあたって、その『メインスポンサー』を重視する傾向にある私ですが、同社のメインスポンサーは天下の総合商社である[2768]双日です。ベストではないですけれども、まあまあ信頼できる方ではないかとは思いますね。

日本リート投資法人 分配金の推移

[3296]日本リート投資法人 分配金の推移:リートの分配金は上場直後は何かと揺れ動く事が多いのですが、同社の場合は今回で4回目の分配金ということで、そろそろその水準が安定してきましたね。今回の報告書を読むと、今後7,000円程度の分配を維持する事を見込んでいるんだそうです。その水準であれば、2016年3月末時点で分配利回りは4.8%程度ですしまあまあ魅力的と言えそうですよね。

日本リート投資法人 オフィス中心のリートです

[3296]日本リート投資法人 オフィス中心のリートです:[3296]日本リート投資法人は保有物件の種類としては『オフィス』が中心のリートという事になっています。しかしながら、住宅・商業施設も保有はしておりまして、運用方針上は今の所オフィス中心としているものの、将来的には総合リートに変貌する可能性もなきにしもあらずと言った所でしょうか。

日本リート投資法人 順調に拡大中です

[3296]日本リート投資法人 順調に拡大中です:リートの世界では超後発な[3296]日本リート投資法人ではありますが、順調にその規模を拡大させておりまして、当面は資産規模3,000億円を目指しているんだそうです。また、原則的にディスカウント増資は回避することを明記しておりまして、この点では信頼できる運用方針と言えるのではないかと思いますね。

ここまでの記事の内容だと『なんで早々に売っちゃったの!?』という疑問が出て来る読者の方もいらっしゃると思います。本当は同社の投資口はキープしても良いのかなと思っていたんですけれども、先日のリバランスの際にリートの中では相対的には魅力に欠けると思いまして、売却することにしたのでした。

その理由は、同社が後発のリートなだけに購入物件のほとんどが『最近に購入したもの』ということなんですよね。初期から上場し続けているリートの場合は、不動産が高い時も安い時も購入し続けているので一部の高値掴みしてしまった物件の影響は薄くなるのですが、同社の場合はほとんどが最近購入した物件なのでもしかすると『ほとんどの銘柄が高値掴みかもしれない』という可能性があるためです。

実際のところ、これからの不動産市況は神様にしかわかりませんので、一見やや高いように思える最近の不動産価格が『今後30年を見ると大底でした』というオチもあり得ます。こればかりはよほどの敏腕不動産投資家でないと分からない事なので、私のような素人は直感に頼るしかないですね。

[3296]日本リート投資法人から分配金です。

3296 日本リート投資法人 分配金です

さて、今回は[3296]日本リート投資法人から1口あたり7,581円の分配金をいただきました。保有口数は2口でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った分配金の金額は12.840円ということになりました。

前述のとおり、[3296]日本リート投資法人は親会社が天下の[2768]双日の割には、相対的に高分配利回りのリートということになっておりまして、最近のリート業界にしてはめずらしく利回りが5%台に乗せる事も珍しくありません。分配利回り2%台のリートも珍しくない中では相対的には魅力的と言えるのかもしれませんが、上に述べた理由により一旦はお別れすることにいたしました。いずれ、再購入はしようと思っているんですけどね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ