保有資産は1兆円突破。時価総額も1兆円の世界へ!? [8951]日本ビルファンドから資産運用報告書と分配金です。 - 高配当株で配当金生活

保有資産は1兆円突破。時価総額も1兆円の世界へ!? [8951]日本ビルファンドから資産運用報告書と分配金です。

日銀の一部マイナス金利の導入などの政策のおかげで、借入金の利率も低下傾向にあるため、2月の株式下落の場面でも相対的にかなり健闘していた国内リート。個人的にはちょっと先の賃料上昇・不動産価格の上昇を期待しすぎではないか?と思えてしまう水準ではあるのですが、株価が先行指標というのは良くある話なので、本当に賃料・不動産価格は上昇するのかもしれませんね。私としては先の事にはあまり期待しすぎず、これからも保守的な判断をしていきたいと思っています。

日本ビルファンド 第29期資産運用報告書

[8951]日本ビルファンド 第29期資産運用報告書:さて、今回はそんな国内リートを名実ともに代表する銘柄である[8951]日本ビルファンドから資産運用報告書と分配金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介する事にしたいと思います。同社は国内リート制度スタートとともに上場した超老舗でありまして、現在でも国内リートの中で時価総額首位の銘柄です。最近の投資口価格上昇で時価総額1兆円も視野に入って来ましたね。

日本ビルファンド 決算説明会実施

[8951]日本ビルファンド 決算説明会実施:[8951]日本ビルファンドでは来月4月に東京と大阪で『個人投資家向け決算説明会』を予定しています。大阪会場は市内の『中之島セントラルタワー』という所のようですね。兵庫県南東部にお住まいの方なら分かっていただけると思うのですが、この辺って阪神電車沿線から行くのは結構面倒ですよね。まあ、梅田で地下鉄に乗り換えればスグだろ!と突っ込まれてしまえばそれまでではあるんですけどね。

日本ビルファンド 総資産は1兆円の世界へ

[8951]日本ビルファンド 総資産は1兆円の世界へ:さて、名実ともに国内リートの中では最大級の[8951]日本ビルファンド。既に、その保有資産の規模は1兆円を超えて来ています。そして、上記の2015年12月31日時点の数字では時価総額は8,000億円強となっているのですが、その後の投資口価格の上昇で2016年3月15日時点では時価総額は9,000億円を超えて来ています。今後、時価総額も1兆円突破なるかに注目ですね。

日本ビルファンド 業績は回復傾向

[8951]日本ビルファンド 業績は回復傾向!?:前期は大型の退去が発生してしまった[8951]日本ビルファンド。ということで、本来であれば今期の分配金はややイマイチとなるはずだったのですが、過去に『土地を売却』した時にキープしていた『圧縮積立金』を3.7億円活用することで前期比+の分配金水準を維持しています。また、空室となったテナントは既に埋め戻しが完了しているようでありまして、来期の分配金は順調な推移が予想されていますね。

[8951]日本ビルファンドから分配金をいただきました。

8951 日本ビルファンド 分配金

さて、今回は[8951]日本ビルファンドから1口あたり8,036円の分配金をいただきました。保有口数は2口でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った分配金の金額は13,611円ということになりました。

冒頭で述べたような理由により、これからも[8951]日本ビルファンドは堅調な投資口価格推移を期待したい所ではあるのですが、既に良い材料は色々と織り込まれているのか、2016年3月中旬時点での同社の分配利回りは2.5%程度まで下がって来ています。リーマンショック前のプチバブルの時は1%台に突入する場面もありましたので、まだまだ上がある可能性はあるのですが、個人的にはそろそろ売却したい所ではありますね。

ということで、売却する代わりに最近は同社の株式を空売りする事もあるのですが、やはり政策に逆らうのは愚かなのか、結局はいらぬ空売りなどするべきではなかったという定番のオチとなってしまう事がほとんどです。空売りは安易に行うものではないのかもしれませんね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ