最近の投資口価格下落で分配利回りは4%台の世界へ。米国リートの[1590]iシェアーズ米国不動産株ETFから分配金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

最近の投資口価格下落で分配利回りは4%台の世界へ。米国リートの[1590]iシェアーズ米国不動産株ETFから分配金をいただきました。

2016年2月現在で、私の『配当金生活のポートフォリオ』の資産クラス別の投資比率は『株式:債券:リート=38:38:24』となっています。このうち、国別には『国内:海外=1:1』の比率で投資するように心がけていますので、基本的には海外リートはポートフォリオ全体の12%を占めることになりますね。

海外リートに投資する場合、国内外で色々と販売している商品を眺めると『米国リート』『世界リート』『欧州リート』『豪州リート』『新興国リート』などと色々な商品を販売しているようですけれども、アメリカひいきの私は『米国リート』をメインに投資することにしています。

今回は、その海外リートのうち、東証に上場しているETFの1つである[1590]iシェアーズ米国リート・不動産株ETFから分配金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

※ 参考 ポートフォリオ内 主要なiシェアーズのETF
[AGG]iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF
[LQD]iシェアーズiBoxx米ドル建て投資適格社債ETF
[DVY]iシェアーズ好配当株式ETF
[JXI]iシェアーズグローバル公益事業ETF
[IYR]iシェアーズ米国不動産ETF

さて、私が海外系の商品に投資する時に一番頻繁に利用しているのは米国市場に上場している『iシェアーズ』シリーズのETFです。そのうち、私の保有金額が多いものを上に列挙していますが、この中で[IYR]iシェアーズ米国不動産ETFという商品がありますよね。

この商品と、今回の記事でご紹介する[1590]iシェアーズ米国リート・不動産株ETFと何が違うのだろう!?と思う方もいらっしゃると思うのですが、基本的にはこの2つの商品は同等のものと考えて良いと思います。日本で上場している方は流動性が低く、米国で買う場合はやや手数料が高いという難点がありますので、どちらで買うかはそれぞれの好みによるかと思いますね。

[1590]iシェアーズ米国不動産株ETFから分配金です。

1590 分配金

さて、今回は[1590]iシェアーズ米国不動産株ETFから1口あたり100円の分配金をいただきました。以前は、海外ETFの国内上場の場合、米国で30%の源泉徴収がなされるルールがあったようなのですが、最近はSBI証券の場合は書類を提出すればこれが日本と同じ税率になるように調整されるようになりました。詳細が気になる方は、SBI証券をご覧いただければと思います。

ということで、私は[1590]iシェアーズ米国不動産株ETFを527口保有している所、法人での所得税にあたる15.315%相当だけの税金が差し引かれまして、実際に受け取った配当金は49,539円ということになりました。


※ 上記株価チャートはヤフーファイナンスから引用

[1590]iシェアーズ米国不動産株ETF 過去2年間の株価チャート:では、最後に[1590]iシェアーズ米国不動産株ETFの過去2年間の株価チャートを見ておきたいと思います。2014年以降は円安・米国リート高のダブルの恩恵を受けて投資口価格推移がかなり絶好調となっていましたが、最近はこの両方が逆風となってしまっておりまして、投資口価格はかなり下がって来てしまっていますね。

投資口価格が下がって来るのは悲しいことでありますが、そのおかげで分配利回りは上昇傾向にありまして、直近での[1590]iシェアーズ米国不動産株ETFは久しぶりに4%を超えて来ています。3%台の国内リートとどちらが魅力的かというのは難しい判断だと思いますが、日本・アメリカの人口動態を考慮すると個人的には米国リートの方が将来は明るいのかなと感じています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ